旧土浦中学校本館 きゅうつちうらちゅうがっこうほんかん スポット

茨城県 歴史的建造物
女子おすすめ 歴史好きおすすめ

明治37年(1904)に建てられた旧制土浦中学校(現土浦第一高等学校)の本館で、国の重要文化財に指定されている。ゴシック様式の建物で、直線的な正面の構成や左右対称をなす塔、入口の三連アーチなど、力強く美しいフォルムに特徴がある。設計は当時東京帝国大学を卒業したての青年建築家・駒杵勤治。普段見学ができるのは外観のみ。建物は校内にあり、現在も使用されているのでマナーを守って見学しよう。※2019年10月中旬まで、外観を主とする部分公開(以降は未定)。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 茨城県土浦市真鍋4-4-2
TEL 029-822-0137(土浦第一高等学校)
営業時間 10~16時(入館は~15時30分)
定休日 第2土曜は内部一般公開
料金 外観見学自由(館内は要問合せ)
アクセス 公共交通:JR土浦駅西口→4・5番バス乗場よりバスで10分、バス停:土浦一高前下車、徒歩すぐ
車:常磐道土浦北ICから国道125号経由2km5分
駐車場 あり/10台
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

旧土浦中学校本館

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください