西山御殿(西山荘) にしやまごてん(せいざんそう) スポット

茨城県 歴史的建造物
女子おすすめ 歴史好きおすすめ

水戸徳川家2代徳川光圀(水戸黄門)が、元禄13年(1700)に没するまでの約10年間を過ごした御殿。数奇屋風の茅葺き平屋の御殿で、光圀は自ら『大日本史』の編纂をした。大名庭園と華美を嫌った光圀公の信条の融和が見られる仙境である。平成28年(2016)3月に国指定史跡及び名勝に指定された。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 茨城県常陸太田市新宿町590
営業時間 9~16時
定休日 無休(悪天候により臨時休業あり)
料金 入場大人1200円、小・中学生900円
アクセス 公共交通:JR常陸太田駅→車5分
車:常磐道日立南太田ICから国道293号経由10km20分
駐車場 あり/100台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

西山御殿(西山荘)

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください