豪農の館内山邸 ごうのうのやかたうちやまてい スポット

富山県 歴史的建造物
ベビーおすすめ キッズおすすめ 女子おすすめ 冬におすすめ 雨でもOK 歴史好きおすすめ

内山家は大永・享禄(1521~1531)のころ、宮尾の地を新田開発してからこの地で450年続いた家柄で、越中一千石地主といわれた豪農。富山藩の時代には歴代十村役(大庄屋)を勤め、地域の農業振興、文化の向上に努めたといわれる。現在の邸宅は、慶応4年(1868)に建てられたもので、瓦葦き切妻造りの木造一部二階建て。名石や庭木を配置した広大な庭園とともに、藩政時代の伝統的な豪農屋敷の構えを残している。邸内には茶室が3カ所、内山家から寄贈された美術品、文学資料などを展示し、往事の農家の繁栄した生活ぶりがうかがえる。国の登録有形文化財に指定されている。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 富山県富山市宮尾903 富山県民会館分館内山邸
TEL 076-432-4567
営業時間 9時30分~17時
定休日 火曜(祝日の場合は開館)
料金 一般(大学生以上)200円、児童生徒・70歳以上(要証明提示)、障がい者(要手帳提示)及び付添者1名は無料
アクセス 公共交通:JR富山駅→富山地鉄バス八幡経由四方[よかた]行きで15分、バス停:住吉内山邸口下車、徒歩20分
車:北陸道富山西ICから国道8号経由12km20分
駐車場 あり/43台/無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

豪農の館内山邸

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください