足助重伝建の町並み あすけじゅうでんけんのまちなみ スポット

愛知県 繁華街・町並み・散歩道/歴史的建造物

香嵐渓北側と足助川沿いの地域が足助の町並み。江戸時代に伊那街道と呼ばれ、中馬(馬で荷を運ぶ人々の組合)によって三河湾の塩が信州に運ばれる「塩の道」(中馬街道)の宿場。塩問屋が数多くあった宿場町の面影は2kmほど残され、妻入り型や平入り型が混在する古い家々や馬頭観音や本町地蔵堂などご利益スポットも点在し、白壁と黒板塀の美しいマンリン小路、かつての銀行を利用した資料館の足助中馬館など、散策に格好。足助の町並みは国の重要伝統的建築物群保存地区に、足助八幡宮は重要文化財に指定されている。

基本情報

住所 愛知県豊田市足助町
TEL 0565-62-1272(豊田市 足助観光協会(木曜定休、イベント時開館))
営業時間 散策自由
定休日 店舗により異なる
料金 散策自由
アクセス 公共交通:名鉄東岡崎駅→名鉄バス足助行きで1時間10分、バス停:香嵐渓下車、徒歩3分
車:東海環状道豊田勘八ICから国道153号経由15km20分
駐車場 あり/600台/1日500円(香嵐渓もみじまつり期間中は1日1000円)
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

足助重伝建の町並み

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ