紫香楽宮跡・内裏野地区・宮町地区 しがらきのみやあと だいりのちく みやまちちく スポット

滋賀県 遺跡・史跡・城址
ちょっと立ち寄り 歴史好きおすすめ

紫香楽宮は、奈良時代中ごろに聖武天皇によって造営された都で、この地で大仏建立の詔が出された。大仏は紫香楽宮では完成せず、奈良の平城宮に還都後、改めて東大寺で着手し完成した。現地には、往時を偲ばせる寺院の礎石が200以上残る。宮殿があった宮町地区は、三方を山に囲まれた地形で、当時と変わらない景色を見ることができる。近くに出土遺物を展示する施設がある。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 滋賀県甲賀市信楽町黄瀬・牧・宮町
TEL 0748-83-1919(紫香楽宮跡関連遺跡発掘調査事務所)
営業時間 9時~16時30分
定休日 無休(展示室は月~金曜のみ開館)
料金 見学自由
アクセス 公共交通:信楽高原鐵道紫香楽宮跡駅→徒歩10分で内裏野地区。宮町地区へはさらに徒歩40分
車:新名神高速信楽ICから国道307号経由2km5分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

紫香楽宮跡・内裏野地区・宮町地区

信楽のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください