哲学の道 てつがくのみち

五山の送り火で名高い大文字山。その麓を疏水に沿って、若王子橋から銀閣寺橋へと続く約2kmの散策路。哲学者・西田幾多郎や田辺元が、思索にふけりながら歩いたことからこの名が付けられたという。春には数百本のソメイヨシノが花のトンネルを造り、多くの花見客が訪れる。6月にはホタルが飛び交うなど、豊かな自然を満喫できる。道沿いには若王子[にゃくおうじ]神社、大豊[おおとよ]神社、霊鑑[れいかん]寺、安楽寺など由緒ある寺社も点在している。

桜・お花見情報(見頃・ライトアップ等について)

例年の見ごろ 4月上旬
本数 約400本
桜の種類 ソメイヨシノ、オオシマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラ
夜桜・ライトアップ なし
所在地 京都府京都市左京区
営業・拝観時間 散策自由
料金 無料
定休日 無休
交通 交通情報:京都駅→市バス5・17系統で40分、バス停:銀閣寺道下車、徒歩すぐ。または市バス100系統で40分、バス停:銀閣寺前下車、徒歩すぐ/車:名神高速京都東ICから府道143号経由6km20分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

哲学の道

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください