金剛院 こんごういん スポット

京都府 社寺・教会
女子おすすめ 秋におすすめ

天長6年(829)に高岳親王によって創建された古刹で、紅葉の名所として知られる。緑深い境内には室町時代に再建された国指定重要文化財の三重塔や、細川幽斉の築造と伝わる鶴亀の庭がある。オオデマリやシャガ、桜、ヤブツバキなどが次々に咲き、「関西花の寺第3番札所」でもある。細川幽斎が植栽したという数千本のモミジは11月頃に紅葉し、黄色や赤の木々に包まれるように立つ三重塔の景観が素晴らしい。三島由紀夫の小説『金閣寺』の舞台ともなった寺院でもある。

基本情報

住所 京都府舞鶴市鹿原595
TEL 0773-62-1180
営業時間 9~16時
定休日 無休
料金 拝観料大人300円、宝物展拝観大人500円
アクセス 公共交通:JR松尾寺駅→徒歩20分
車:舞鶴若狭道舞鶴東ICから5分
駐車場 あり/50台
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

金剛院

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください