紀州備長炭振興館(関西広域連合域内直売所) きしゅうびんちょうたんしんこうかん かんさいこういきれんごういきないちょくばいじょ スポット

和歌山県 農産物
ちょっと立ち寄り キッズおすすめ 雨でもOK

現在は燃料以外にもさまざまな使い方がされている木炭。平安時代は紀南地方で生産される炭が熊野木炭とよばれ、良質堅炭として珍重された。さらに、江戸時代に備中屋長左衛門という炭問屋が普及に努めたことから備長炭の名がついた。現在、みなべ町は年間150トン(10000ケース×15kg)を生産。高純度の炭素、火持ちのよさ、独特の火力を誇る備長炭は、ウバメカシやアラカシの原木を、熟練した職人が勘を頼りに、約1週間かけて焼き上げる。備長炭の歴史や製造法、使用法の展示・紹介のほか、窯の無料公開もしている。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 和歌山県日高郡みなべ町清川1267
TEL 0739-76-2258
営業時間 8時30分~17時
定休日 土曜
アクセス 公共交通:JR南部駅→車で30分
車:阪和道みなべICから国道424号経由15km25分
駐車場 あり/50台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

紀州備長炭振興館(関西広域連合域内直売所)

みなべ町のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください