毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

焼火神社 たくひじんじゃ 観光スポット

島根県 社寺・教会
キッズおすすめ 女子おすすめ 歴史好きおすすめ

西ノ島中南部、島前3島を外輪山とし、島前の最高峰である標高452mの焼火山の中腹に立つ神社。平安時代中期の創建と伝わる。社殿(重要文化財)は岩窟に半分めり込むような特異な造りで、現存する隠岐最古の神社建築といわれている。後鳥羽[ごとば]上皇が隠岐へ流される途中、遭難しかかった際に、神火を放って救ったという言い伝えから、海上安全の神として信仰されている。後鳥羽上皇は時の執権北条義時を追討するために挙兵し流刑、中ノ島の海士で配所生活を送り、島で没した。

基本情報

住所 島根県隠岐郡西ノ島町美田
TEL 08514-7-8888(一般社団法人西ノ島町観光協会)
営業時間 営業時間:境内自由
定休日 定休日:境内自由
料金 料金:境内自由
アクセス アクセス(公共交通):別府港<島前>→車20分、駐車場から徒歩15分
アクセス(車):
駐車場 あり ( 10台  )
文化財情報(観光) 文化財(観光):重要文化財(建造物)

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

焼火神社

Sponsored

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ