雲仙焼窯元 うんぜんやきかまもと スポット

長崎県 民芸品・工芸品・陶芸品
ちょっと立ち寄り 女子おすすめ

大正15年(1925)頃、東京より雲仙に来仙した繁田百鑒済[はんだひゃっかんさい]が雲仙新湯に築窯したのが始まりという。昭和30年(1955)、石川靖峰[せいほう]氏が素朴な焼き締めの雲仙焼きを再興。当主の石川照[あきら]・ハミ夫妻が平成3年(1991)、普賢岳の火山灰をうわ薬に使った深みのある色合いの油滴天目の焼成に成功した。現在は石川裕基(子)が継承している。窯元は湯の里共同浴場の前にあり、ギャラリーを併設。火山灰ぐい呑1万5000円~、茶碗5万円~。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県雲仙市小浜町雲仙304
TEL 0957-73-2688
営業時間 9~18時
定休日 不定休
アクセス 公共交通:JR諫早駅→島鉄バス雲仙行きで1時間21分、バス停:島鉄雲仙営業所下車、徒歩2分
車:長崎道諫早ICから県道128号経由34km1時間
駐車場 あり/3台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

雲仙焼窯元

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

  • 遊学の館

    長崎県雲仙市国見町神代丙1230-1

  • 春陽館

    長崎県雲仙市小浜町北本町1680

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください