柞原八幡宮 ゆすはらはちまんぐう スポット

大分県 社寺・教会/博物館・科学館・資料館
ちょっと立ち寄り 女子おすすめ 歴史好きおすすめ

平安初期の天長4年(827)を創建の起源とし、宇佐神宮の分霊「豊後一の宮」とされ国司・武家などが崇敬した由緒ある神社。約2万5000坪の境内の深い森の中に鎮座する社殿は嘉永年間に再建された壮麗な八幡造りで、本殿・申殿・拝殿など10棟が国指定重要文化財に指定されている。元和9年(1623)再建の南大門には古今の聖人や花鳥風月および二十四考が刻まれ、日暮し門と呼ばれている。門の横に聳え立つ御神木の大楠は樹齢3000年と伝えられ、全国巨木調査第7位の国指定天然記念物。国指定重要文化財の宝物も数多く所蔵され、予約制で宝物殿の拝観も可能。

基本情報

住所 大分県大分市大字八幡987
TEL 097-534-0065
営業時間 8時30分~17時
定休日 無休
料金 境内自由(宝物殿は予約制で大人300円、子供100円)
アクセス 公共交通:JR西大分駅→大分交通バス柞原行きで15分、終点下車、徒歩15分
車:東九州道大分ICから県道696号経由4km10分
駐車場 あり/200台
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

柞原八幡宮

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ