大分元町石仏 おおいたもとまちせきぶつ スポット

大分県 記念碑・像/遺跡・史跡・城址
ちょっと立ち寄り ベビーおすすめ キッズおすすめ 女子おすすめ

上野丘台地東端の凝灰岩の崖に刻まれた石仏で、岩薬師[いわやくし]とも呼ばれる。昭和9年(1934)に国指定史跡となり、県南の臼杵石仏と並ぶ大分県を代表する磨崖仏。堂宇の中にある薬師如来座像は、台座を入れると5mを超す大きさで、木彫りのように滑らかな肌が特徴。近年の研究によれば、11世紀後半の造像で、このころ元町付近は「勝津留畠[がちがづるはた]」と呼ばれ、宇佐神宮領に組み込まれており、同宮の強大な後ろ立てによる造立と考えられている。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 大分県大分市元町
TEL 097-537-7043(大分市観光課)
営業時間 見学自由
定休日 見学自由
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR大分駅→3番のりば大分バス敷戸団地・高江NT行き、または古国府循環・滝尾循環で7分、バス停:薬師堂前下車、徒歩5分
車:東九州道大分ICから4km15分
駐車場 あり/10台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

大分元町石仏

大分市のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください