浦添ようどれ うらそえようどれ スポット

沖縄県 遺跡・史跡・城址/博物館・科学館・資料館
ちょっと立ち寄り ベビーおすすめ キッズおすすめ 女子おすすめ 雨でもOK 歴史好きおすすめ

浦添グスク北側崖下にある、琉球王国初期の王陵。13世紀に英祖[えいそ]王が築いたとされ、その後元和6年(1620)に浦添出身の尚寧[しょうねい]王が改修した。向かって右側が英祖王、左側が尚寧王の墓といわれている。戦争で崩壊したが平成17年(2005)に復元が完了。浦添グスク・ようどれ館(時間:9~17時、休み:月曜(祝日の場合は開館)、年末年始、料金:100円)には、英祖王陵の内部が実物大で再現されており、浦添グスクと浦添ようどれの歴史が映像ソフトによる説明とパネルで展示されている。「ようどれ」とは琉球語の夕凪。2019年5月には『琉球王国時代から連綿と続く沖縄の伝統的な「琉球料理」と「泡盛」、そして「芸能」』と、ストーリーを構成する文化財29件が日本遺産に認定された。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 沖縄県浦添市仲間53
TEL 098-874-9345(浦添グスク・ようどれ館)
営業時間 9~18時
定休日 無休
料金 見学自由
アクセス 公共交通:ゆいレール(沖縄都市モノレール)浦添前田駅→徒歩15分。または那覇バスターミナル→55系統の路線バスで40分、バス停:仲間下車、徒歩9分
車:沖縄道西原ICから国道330号経由4km10分
駐車場 あり/15台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

浦添ようどれ

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください