矢滝城跡 やたきじょうあと スポット

島根県 遺跡・史跡・城址

石見銀山の南西に位置する標高634mの矢滝城山に残る城館跡。築城年代は不詳だが、戦国時代に石見銀山の支配権をめぐっての争奪戦があり、享禄元年(1528)には大内義興が、3年後には小笠原氏が奪い取って銀山を支配した。矢滝城山北側には石見銀山から温泉津 [ゆのつ] 港に至る銀山街道が通り、街道を挟んで矢筈 [やはず] 城跡がある。山頂部は南北2つの曲輪[くるわ]群で構成され、北側には枡形の虎口[こぐち](入口)や竪堀、南側には堀切などが残って中世山城の形態を留めている。日本海や遠く三瓶山など眼下の眺望は抜群。国指定史跡で、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の一部。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 島根県大田市温泉津町西田・祖式町矢滝
TEL 0854-88-9950(大田市観光協会)
営業時間 見学自由
定休日 見学自由
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR温泉津駅→車30分で矢滝城跡登山口下車、徒歩1時間
車:山陰道江津ICから国道9号、県道201号経由28km40分
駐車場 なし
文化財情報(観光) 世界遺産(構成資産含む)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

矢滝城跡

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください