三菱長崎造船所 旧木型場(三菱重工業(株)長崎造船所史料館) みつびしながさきぞうせんじょ きゅうきがたば(みつびしじゅうこうぎょうかぶしきかいしゃながさきぞうせんじょしりょうかん) スポット

長崎県 歴史的建造物/博物館・科学館・資料館

安政4年(1857)建設の長崎鎔鉄所を創業とする三菱重工業(株)長崎造船所。飽の浦の本工場内には、明治建造の第三船渠やジャイアント・カンチレバークレーン、旧木型場、占勝閣などが残り、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一部となっている。史料館として公開している旧木型場は、明治31年(1898)の総レンガ造り2階建てで、屋根を支える小屋組みの木造クイーンポストトラスが特徴的。長崎造船所に現存する建物の中でも最古のもの。館内では、「戦艦武蔵」など13のコーナーで約900点の資料を展示。造船所の歴史や日本の近代工業黎明期を紹介している。見学は予約制で、長崎駅前発着のシャトルバスに乗車する。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県長崎市飽の浦町1-1
TEL 095-828-4134 (三菱重工業(株)長崎造船所 史料館)
営業時間 9時~16時30分
定休日 第2土曜、史料館停電日(要確認)
料金 施設維持管理費大人(高校生以上)800円、小・中学生400円、未就学児無料。予約制
アクセス 公共交通:JR長崎駅→専用シャトルバスで15分、下車、徒歩すぐ
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

三菱長崎造船所 旧木型場(三菱重工業(株)長崎造船所史料館)

稲佐山のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください