読書の秋到来。今までにない読書体験と本との出会いを求めるなら六本木「文喫」へ!

読書の秋到来。今までにない読書体験と本との出会いを求めるなら六本木「文喫」へ!

読書 本屋 カフェ コーヒー 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

秋といえば、読書の秋!たまにはじっくり本を読んで自分の視野を広げてみたいという人も多いはず。六本木にある「文喫」では、自分ではなかなか見つけることのできない本との出会いを提供する仕掛けがたくさん!今回はこちらのスポットの魅力をご紹介します。

Summary

一期一会の本との出会いを生み出す読書空間

地下鉄・六本木駅より徒歩1分、「本と出会うための本屋」というコンセプトで2018年にオープンした「文喫 六本木(ぶんきつ ろっぽんぎ)」。入場料1500円を支払って入店するという珍しい書店です。

カウンターで受付を済ませると、「選書室」や「喫茶室」、「閲覧室」などを時間制限なく利用できます。コーヒーと煎茶もフリードリンクで、読書のおともに自由におかわりすることができますよ!

「選書室」には約3万冊の書籍がずらりと並びます。

なんと、ここで販売されている本は同じ本は1冊もありません。本を紹介するPOP等もなく、訪れた人自身が興味の赴くままに本を探し、見つけた本との出会いを大切にしてもらうことが狙いなのだとか。

本はもちろんすぐに購入可能。1冊しかないので、これだ!と思う本を見つけたら、熱が冷めないうちに購入するのがいいかもしれません。

本はアート、デザイン、ビジネス、食など、幅広いジャンルがカテゴリーごとに並べられています。置かれている本はスタッフさんが厳選し、少しマニアックなものも多く取り揃えているそう。

また、自分が読んでみたいテーマを伝えればその人に合った本を提案してくれる「選書サービス」も(別途3000円税別)。
スタッフさんが事前に丁寧にヒアリングをしていくつかの本を選んでくれるので、自分だけでは見つけることができない新たな出会いが待っているはずです。

本との出会いだけじゃない!「文喫」をさらに楽しむには?

「閲覧室」
閲覧室

「文喫」には、さまざまなタイプのお席がたくさん!

まずは2階の「閲覧室」。広いスペースの机とゆったりとした椅子があり自習室のような雰囲気で、集中して本を読み込みたい時におすすすめの場所。

電源、Wi-Fiも完備で、読書だけでなく仕事も勉強もはかどる空間です。

「研究室」
研究室

「閲覧室」をさらに奥に進んだところにあるのが「研究室」です。こちらには大きな机が2つ並んでいて、一人で読書するのはもちろん、打ち合わせなど複数人で使用するのにもぴったりなスペース。

部屋は予約もできるので、読書会やゼミなどのブレストをするのにもよく利用されるそうですよ!(予約の際は別途予約料が必要)

「喫茶室」
喫茶室

そして一階にある「喫茶室」は、たっぷりの日の光が入り、明るく開放的な雰囲気のカフェスペースです。

こちらも電源、Wi-Fiがあるので、仕事を持ち込む人も多いのだとか。ここなら普段のオフィスとは気分を変えて仕事に取り組めそうですね!

ほかにも、ソファや寝転がりながら本を読めるスペースも!

「文喫」にはさまざまなタイプの席が用意されているので、集中力が必要なときやデスクワークには「閲覧室」や「喫茶室」のテーブル席、ちょっと休憩がてらマンガや雑誌を読みたいときは「喫茶室」のソファを利用するなど、そのときの気分で席を変えるのがおすすめの過ごし方なのだとか!

席は必ずどこかが空いている状態で入店できるので、席がない!と困ることはなく、安心して入れます。

「牛ほほ肉のハヤシライス」1080円、柚子蜜ジャスミンティーソーダ680円(ともに税別)
牛ほほ肉のハヤシライス 1080円、柚子蜜ジャスミンティーソーダ680円(ともに税別)

そして、お腹が空けばしっかり食事まで楽しめるのも「文喫」の魅力です。

人気メニューの「牛ほほ肉のハヤシライス」は、大きな牛肉が入ったボリューム満点のメニュー。

ゴロッと入った牛肉と甘い玉ねぎが濃厚ハヤシライスソースと相性抜群で、味は本格洋食屋さんのよう。「柚子蜜ジャスミンティーソーダ」と一緒に味わえば、濃厚ハヤシライスとさっぱりドリンクで重たくならず飽きのこない組み合わせに。

そのほか「とろけるカスタードプリン」や「焼きたてワッフルとバニラアイス」など、スイーツも本格的なものを取り揃えています。ここでしか味わえない絶品カフェメニューにも満足すること間違いなしです!

無料で入れるスペースから本との出会いを探してみよう!

なかには「本屋さんに入場料を払うのは少し勇気がいるな…」と思う人もいるかもしれません。そんな人は、まず誰でも無料で入ることができる企画展からのぞいてみるのはいかがでしょうか。

企画展は入り口から入ってすぐにあるスペースで開催されています。今回訪れた際は「図鑑」をテーマにした「大図鑑展」が開催されていました!(企画展の内容は時期により変わります)。

5つのテーマに沿ってそれに関する図鑑や書籍が並び、「図鑑とは何か」を紐解いています。

こちらの企画展に置かれている本も実際に「文喫」で販売されている本たち。企画展を通じて新たな興味が広がり、まだ見ぬ本との出会いが見つかるかもしれません。

また、企画展を抜けたところにはずらりと並ぶ雑誌棚が広がります。見たことのある雑誌からちょっと珍しいものまで、約90種類ほどがラインナップ。こちらの雑誌コーナーも入場料無しで入れるスペースなので、まずはここからふらっと入ってみるのもおすすめですよ!

1日中いても飽きることのない、贅沢な読書体験が味わえる「文喫」。自分の興味を広げてくれる、新たな本との出会いを探してみてはいかがでしょうか。

■文喫 六本木(ぶんきつ ろっぽんぎ)
住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1階
電話:03-6438-9120
時間:9~21時(20時30分L.O.)
定休日:不定休
入場料:平日1500円、休日1800円 ※18時以降は1000円(価格はすべて税別)

text・photo:谷口翔子(vivace)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある関連記事はこちら!

●泊まれる本屋として話題の「BOOK AND BED TOKYO」が新宿にオープン
●本当に500円以下でいいの!? 都会の喧騒から離れゆっくりできる都内の日本庭園3選
●六本木ヒルズノースタワーに「ニュウスタイル銀座千疋屋」がオープン

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください