• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • Go To Eat(イート)キャンペーンの食事券はどこで・どうやって使う?47都道府県の最新情報を徹底解説(11/25更新)
Go To Eat(イート)キャンペーンの食事券はどこで・どうやって使う?47都道府県の最新情報を徹底解説(11/25更新)

Go To Eat(イート)キャンペーンの食事券はどこで・どうやって使う?47都道府県の最新情報を徹底解説(11/25更新)

おでかけ レストラン カフェ ランチ ディナー
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

Go To Eat(イート)キャンペーンの食事券がさらに延長して利用できるようになりました(延長期間は都道府県により異なります)。47都道府県の再開情報や販売方法ほか、Go To イートキャンペーン最新情報をお届けします(※2022/11/25現在、各都道府県により実施は異なります)。

Summary


Go Toイートキャンペーンとは?利用方法は?

感染予防対策に取り組みながら営業している飲食店および、食材を供給する農林漁業者を支援するため、国が以下のふたつの取り組みをするキャンペーンです。プレミアム食事券(アナログ・紙)もしくは、オンライン飲食予約によるポイント付与の2種類のタイプがあります。

①登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行

②オンライン飲食予約の利用によるポイント付与

※2022年3月22日現在、「まん延防止等重点措置」は全面解除となりました。
まん延防止法についての詳細はこちら


「登録飲食店で使えるプレミアム付き食事券」とは?

「農林水産省 Go To Eat キャンペーン」公式サイトより
「農林水産省 Go To Eat キャンペーン」公式サイトより

Go To Eat キャンペーン「登録飲食店で使えるプレミアム付き食事券」について、現在農林水産省から発表されているものは下記の通りになります。

「プレミアム付食事券」はどんなもの?

販売額の25%を国が負担。
 例)1万2500円の食事券を1万円で購入できます。
・購入制限: 1回の購入は2万円(食事券としては2万5,000円)まで。
 ※ただし、エリアによって8000円単位となり購入上限が1万6000円となる場合があります。
おつりは出ません。
 ※券面は500円と1,000円の2種類あります。
・販売期間:都道府県ごとに販売の再開時期は異なる
・有効期限:都道府県ごとに販売を再開してから、3カ月程度利用できる
 ※一部、LINEによる電子クーポンの取り扱いあり
 ※地域限定で発行されるプレミアム付き食事券は、全国に先駆けて新潟県にて10/5より販売が始まりました。

「プレミアム付食事券」はどこで購入できるの?

各都道府県等の単位で販売されます。
販売時期、利用対象者、販売に際してのルールなども各自治体ごとに違っています。
地域限定で発行されるプレミアム付き食事券は、全国に先駆けて新潟県にて10/5より販売が始まりました。

「プレミアム付食事券」はいつから使えるの?

各都道府県等の単位で違っています。

食事券は都道府県単位で発行され、利用店舗も同じ都道府県内に限られています。
各都道府県の実施要項を確認しましょう。
 ※店内での飲食を基本とする店が対象で、出前や持ち帰り専門店では使えません。
 ※食事券の利用登録をしていない店舗も対象外となります。

引用元:「農林水産省 Go To EATキャンペーン」公式サイト


「プレミアム付食事券」各自治体の販売方法は?

すでにプレミアム付食事券の発売詳細が発表されている自治体を例に詳細を確認していきましょう!


【北海道・東北エリア】7道県 ※9/1更新


北海道・青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県の詳細はこちら


【関東エリア】7都県 ※11/25更新

東京都:Go To Eat Tokyo【11/25更新】

販売価格:アナログ(紙)は12,500円分を10,000円にて、デジタルは10,000円分を8,000円にて
食事券:アナログは1,000円×10枚+500円×5枚、デジタルは1,000円×10枚

[アナログ食事券]
アナログ食事券申込場所:
〈電子引換券〉専用サイト 
〈引換券(はがき)〉近隣の自治体 ※一部取り扱いのない自治体あり
アナログ食事券販売所:駅たびコンシェルジュやホテルなど(販売所の詳細はこちら
引換券申込:
〈電子引換券〉2022/11/10~2022/12/25 ※1日ごとの受付枠の中で先着順
〈引換券(はがき)〉2022/11/10~2022/12/11必着 ※抽選

販売期間:2022/11/10~2022/12/25 ※なくなり次第終了
利用期間:~2023/1/25

・アナログ食事券は、1日ごとの受付枠の中で先着順。スマートフォンからの事前申し込み後、指定の販売所で食事券と引き換え
・ハガキでの申し込みは抽選。申込専用ハガキ(設置場所の詳細はこちら)または郵便ハガキ(必要事項など詳細はこちら)で申し込む。当選者は引換券の発送をもって発表(申込から2〜3週間)


[デジタル食事券]
デジタル食事券申込場所:専用サイト
抽選申込:
〈1次抽選〉終了 ※販売停止前(2020/11/20〜2020/11/24)に実施済

〈2次抽選〉2022/10/26〜2022/11/1 ※終了
〈3次抽選〉2022/11/10~2022/11/16 ※終了
〈4次抽選〉2022/11/25~2022/12/1

当選発表:
〈1次当選発表〉終了 ※販売停止前(2020/11/26~)に実施済

〈2次当選発表〉2022/11/8~ ※終了
〈3次当選発表〉2022/11/22~ ※終了
〈4次当選発表〉2022/12/7~

販売期間:
〈1次販売〉2022/10/26~2022/11/1 ※販売終了
〈2次販売〉2022/11/9~2022/11/16 ※販売終了
〈3次販売〉2022/11/24~2022/12/1
〈4次販売〉2022/12/8~2022/12/15
利用期間:2022/10/26~2023/1/25

・デジタル食事券は専用サイト「PassMarket」で2022/10/26からスマホで申し込んだうえで、先着順から応募抽選

※「Go Toイート」の利用人数に関して2020/11/21から「4人以下」に制限
Go To Eat Tokyo 食事券発行共同事業体

神奈川県:Go To Eatかながわ【10/1更新】

※「Go Toイート」の利用に関して2022/3/22から飲食店内での利用自粛を解除
販売価格:12,000円分を10,000円にて
食事券:1,000円×5枚+500円×14枚、電子クーポンは1円単位減算式
販売場所:〈紙クーポン〉全国のローソン、ミニストップ、セブンイレブン 〈電子クーポン〉LINEによるオンライン購入
販売期間:〈紙クーポン〉2022/5/25~2022/8/31 ※販売終了〈電子クーポン〉2022/5/16~2022/8/31 ※販売終了
利用期間:2020/11/6~2022/9/30まで延長 ※利用期間終了
Go To Eat かながわ事務局

千葉県:Go To Eatキャンペーン千葉【6/21更新】

※「Go Toイート」の利用に関して2022/3/22から飲食店内での利用自粛を解除
販売価格:〈25%プレミアム食事券〉12,500円分を10,000円にて、 〈20%プレミアム食事券〉12,000円分を10,000円にて
食事券:〈25%プレミアム食事券〉電子クーポンのみ(1円単位減算式)、 〈20%プレミアム食事券〉紙クーポンは1,000円×10枚+500円×4枚、電子クーポンは1円単位減算式
販売期間:2021/10/25~ 2022/5/15 ※2022/1/15から当面の間、電子クーポン及び紙クーポンともに販売を停止 ※2022/3/22から販売再開  ※販売終了
購入方法:LINEによるオンライン購入、全国のセブンイレブンで発券
※認証店限定食事券販売決定(11/16追記)
利用期間:2020/10/8~22022/6/10まで延長  ※利用期間終了
Go To Eat キャンペーン千葉県事務局


埼玉県:Go To Eatキャンペーン埼玉県【6/10更新】

販売価格:12,500円分を10,000円にて
食事券:1,000円×10枚+500円×5枚
申込場所:専用サイト
販売場所:全国のファミリーマート店内のFamiポート全国のローソン店内のLoppi
※販売再開決定(11/24更新)
第四期Web販売受付期間:2021/12/8~2021/12/14 ※完売につき販売終了
※追加販売決定(12/22更新)
追加券第一期Web受付・発券購入期間:2022/1/5~2021/1/16 ※販売終了
追加券第二期Web受付・発券購入期間:2022/4/5~2022/4/17 ※販売終了
追加券第三期Web受付・発券購入期間:2022/4/18~2022/4/30 ※販売終了
利用期間:10/23~2022/5/31まで延長 ※利用期間終了
Go To Eatキャンペーン 埼玉県事務局


茨城県:Go To イートキャンペーンいばらき【2/7更新】

販売価格:12,500円分を10,000円にて
食事券:1,000円×12枚+500円×1枚
申込場所:Web先行抽選販売を実施
<受付期間>2020年10月21日(水)10:00~10月25日(日)23:59※2020/12/1から販売を一時停止
※販売再開決定:2021/10/22~2021/12/20
 ※販売終了
<方法>セブンチケットサイトにてエントリー後、当落をメールにて通知。
お支払い発券期間内にセブンイレブンでお支払いの上、食事券とお引換えください。
<その他>Web先行抽選販売はお一人様1回且つお一人様1セット(10,000円分)までの申込みとなります。
販売場所:セブンチケットサイトまたは全国のセブンイレブン マルチコピー機
利用期間:2020/10/30~2022/1/20まで延長 ※利用期間終了
Go To Eat キャンペーンいばらき事務局

群馬県:ぐんまGo To イートキャンペーン 【1/11更新】

販売価格:12,500円分を10,000円にて
食事券:セブンイレブン発券は1,000円×10枚+500円×5枚、紙券は500円×25枚を
事前予約:セブンイレブン発券  《Web先行販売》抽選受付:2020/10/21~2020/10/25
※2021/5/1から販売を停止 ※販売再開決定:2021/10/15~2021/11/15 ※販売終了
販売場所:全国のセブンイレブン、群馬県内特設販売窓口(2020/10/30~2020/11/5のみ)
利用期間:お食事券購入後~2021/12/31まで延長 ※利用期間終了
ぐんまGo To Eatキャンペーン 事務局

■栃木県:Go To イートキャンペーン【6/10更新】

※「Go Toイート」の利用人数および利用時間に関して、2022/1/19から当面の間、「4人以下」「2時間以内」に制限
販売価格:12,000円分を10,000円にて
食事券:1,000円×12枚
販売場所:郵便局311か所、百貨店など
販売期間:2021/11/10~2022/1/31まで延長 ※2022/1/27~4/10まで新規販売を一時停止。  ※販売済の食事券は利用可
2022年4月11日~4月24日 ※販売終了
※2021/12/29~2022/1/3は販売一時休止
利用期間:2021/11/10~2022/5/22まで延長 ※利用期間終了
Go To Eat キャンペーン 食事券事業 栃木県事務局



【中部エリア】9県 ※11/25更新

静岡県:Go To イートキャンペーン【1/11更新】

販売価格:1冊12,000円分(1,000円券×12枚)を10,000円で販売
販売場所:ファミリーマート
販売期間:2021/9/1~2021/11/30まで延長 ※販売終了
利用期間:2020/10/26~2021/12/31まで延長 ※利用期間終了
ふじのくに静岡県Go To Eatキャンペーン

山梨県:Go To Eatキャンペーン

販売価格:10,000円分を8,000円にて
食事券:1,000円×10枚
販売場所:岡島百貨店、セレオ甲府、イオンモール甲府昭和など大型商業施設のほか、商工会・郵便局・金融機関など計77か所 ※販売終了
利用期間:2020/10/12~2021/6/30まで延長 ※利用期間終了
Go To Eatキャンペーン山梨県事務局


長野県:信州Go To Eatキャンペーン【11/25更新】

※長野県のGo To Eat キャンペーンは終了していますが、長野県独自のキャンペーン「信州プレミアム食事券」が実施中です。
販売場所:〈電子チケット〉専用サイト ※準備中
販売価格:12,000円分を10,000円にて
販売期間:2022/11/28〜2023/2/28
利用期間:2022/11/28〜2023/3/10
信州プレミアム食事券キャンペーン事務局

愛知県:Go To イートキャンペーンあいち【6/10更新】

販売価格:12,000円分を10,000円にて
食事券:1,000円券×12枚
申込場所:専用サイト
販売場所:全国のファミリーマート店内のFamiポート ※抽選受付終了
※追加販売決定
第四期食事券 第2回受付・販売期間
Web受付:2022/1/4~2022/1/20 ※申込終了、はがき受付なし
※第1回申込は終了、はがき受付なし
第四期食事券 第3回受付・販売期間
Web受付:2022/4/1~2022/4/11 ※申込終了、はがき受付なし

利用期間:2020/10/16~2022/5/15 ※利用期間終了
Go To Eat キャンペーン あいち


岐阜県:Go Toイートキャンペーン【6/10更新】

※「Go Toイート」の利用に関して2022/4/5から利用自粛期間を解除
販売価格:12,000円分を10,000円にて
食事券:1,000円券×12枚
申込場所:電話受付またはWeb受付
販売場所:ファミリーマートにて発券
販売期間:2021/7/14~ 2021/10/20~
※販売再開決定:2021/11/15~2022/1/13 ※販売終了
※2021/12/22~2021/12/26は販売一時休止
利用期間:2020/10/26~2022/5/8 ※利用期間終了
Go To Eatキャンペーン岐阜県事務局


富山県:Go To イートキャンペーン【12/8更新】

販売価格:12,000円分を10,000円にて
食事券:500×24枚
販売場所:富山県内211カ所の郵便局
販売期間:2021/7/6~2021/8/31 第2弾食事券販売 2021/8/16から販売を一時停止 
※販売再開決定:2021/9/27~2021/10/15 ※販売終了
利用期間:2020/10/26~2021/11/30まで延長 ※利用期間終了
富山県GoToEatキャンペーン事務局

新潟県:にいがたGo To Eatキャンペーン【11/25更新】

販売価格:12,000円分を10,000円にて
食事券:500円×24枚
販売場所:新潟県内郵便局(534か所)
販売期間:
先行 2022/10/20~2022/10/26 ※終了
一般 2022/10/27~2022/12/30 ※なくなり次第終了
※先行販売は、マイナンバーカードを所有、または申請中の場合のみ購入可

利用期間:2022/10/20~2023/1/31
にいがたGo To Eatキャンペーンコールセンター

福井県:Go To イートキャンペーン【3/4更新】

販売価格:6000円分を5000円にて
販売場所:(1)Web予約(2)ローソン店舗内Loppi 福井県内ローソン店内レジにて直接申込・購入(3)指定販売店
販売期間:2021/7/22~2021/11/15まで(第2弾)2021/8/6から販売を当面停止
※販売再開決定:2021/10/1~2022/1/31まで延長  ※販売終了
※2021/12/29~2022/1/3は販売一時休止
利用期間:2020/10/23~2022/2/28  ※利用期間終了
福井県Go To Eatキャンペーン実行委員会


■石川県:Go To Eatキャンペーン【6/10更新】

※石川県居住者に限る
販売価格:12,500円分を10,000円にて
食事券:500円×25枚
販売場所:石川県内郵便局
販売期間:2021/7/1~2021/11/15
※販売再開決定:2021/10/8~2022/5/20まで延長  ※完売につき2022/4/1で販売終了
※2022/1/27から販売を一時停止 ※2022/3/22から販売再開
※2021/12/20~2022/1/5は販売一時休止
利用期間:2020/10/26~2022/5/22まで延長 ※利用期間終了
石川県Go To Eat キャンペーン事務局



Go Toイート47都道府県を網羅【後編】へ
近畿エリア・中国エリア・四国エリア・九州エリア 

※2022年3月22日現在、「まん延防止等重点措置」は全面解除となりました。
まん延防止法についての詳細はこちら

引用元:「農林水産省 Go To Eat キャンペーン」公式サイト

\ Go To トラベルキャンペーン特設ページはこちら! /
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓


\ 申請方法などの最新情報はこちら! /

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

  • 新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
  • 旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

※「Go To イート」のポイント付与に関して、最低利用料を設定する方針を示しました。昼食は500円、夕食は1000円未満の場合はポイントを付与しない方向で調整しています。また、農林水産省は、来店客に得られるポイント以上の支払いとなる飲食を求めるよう店に指示しました。


Go To イート関連情報(過去追加の更新分一覧です)※5/2更新

ワクチンパッケージ停止、まん延防止法13都県へ(1/20追記)

政府は1月19日、ワクチン接種証明書か陰性証明書の提示で飲食店の人数制限をなくす「ワクチン・検査パッケージ」を原則、停止することを決定しました。

また、「まん延防止等重点措置」を既に措置が適用されている広島県、山口県、沖縄県に加えて、群馬県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、香川県、長崎県、熊本県、宮崎県にも決定しました。これにより13都県が対象となります。
「まん延防止等重点措置」期間:1月22日~2月13日まで
※広島県、山口県、沖縄県は1月9日~1月31日まで

飲食店での酒類提供の制限措置は自治体により異なります。詳細な発表は各自治体の詳細をご確認ください。
・認証店のみ可 ※詳細は自治体により異なる
群馬県、東京都、千葉県、神奈川県、新潟県、愛知県、三重県、香川県、熊本県、沖縄県

・ワクチン検査パッケージ活用店で検討
埼玉県

・一律停止要請
岐阜県、長崎県、宮崎県、広島県、山口県

詳細は各自治体の公式サイトをご確認ください。

東京都・飲食店に対して同一テーブル4人以内ほか1月11日より協力を依頼

東京都は飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店、バー(接待や遊興を伴わないもの)などに対して、協力依頼を実施することを発表しました。

期間:2022年1月11日~1月31日
対応:
●「徹底点検 TOKYOサポート」プロジェクトにおける「感染防止徹底点検証」の交付を受け、かつ、これを店頭に提示している店舗に対して
・同一グループの同一テーブルへの入店案内を4人以内とする協力を依頼
・5人以上とする場合は、TOKYOワクションまたは他の接種証明書、陰性証明書などを活用することを強く奨励
・認証基準を適切に遵守して営業するよう協力を依頼

●上記店検証の交付を受けてない、または提示していない店舗に対して
同一グループの同一テーブルへの入店案内を4人以内とする協力を依頼
酒類の提供・持ち込みは11時~21時までの間とするよう協力を依頼

●カラオケ設備を提供している店舗
・利用者の密を避ける、こまめな換気を行なう、マイクなどの消毒を行なうなど、基本的な感染防止対策を徹底するように協力を依頼

●上記の店舗に共有の要請
・業種別ガイドラインの遵守を要請(法第24条第9項)

東京都・オミクロン株の休息拡大に伴う緊急対応~都民・事業者向けの協力依頼・要請~について詳細はこちら

まん延防止等重点措置、沖縄・広島・山口の3県に1月9日より適用

新型コロナウィルスの感染が拡大する沖縄県、広島県、山口県の3県に「まん延防止等重点措置」を適用することを決定しました。

まん延防止等重点措置:沖縄県、広島県、山口県の3県に適用
期間:2022年1月9日~1月31日

まん延防止等重点措置とは? ※各自治体により詳細は異なる
・飲食店などに対する制限の要請
 営業時間を20時までに短縮。認証店は21時までとすることを基本とする
 酒類の提供は行わない
 同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を避ける(例外あり) など

詳細は「内閣官房・コロナウイルス感染症対策 」公式サイトまで
参照:首相官邸発表1月7日ほか

プレミアム食事券の利用は、販売再開から3カ月程度利用可能に!

農林水産省は、プレミアム付き食事券について有効期限を最長2021年12月末まで延長することを発表していましたが、都道府県ごとに販売を再開してから、3カ月程度利用できるようすると発表しました。

実際にいつまで延長するかは、都道府県やオンライン予約サイトの事業者によってことなるため、それぞれのホームページを確認してほしいとしています。地域によっては2022年のGW(ゴールデンウィーク)前後まで延長されることになります。

また、農林水産省はGo Toイート食事券の販売を終えていない35の都道府県に対して、年末年始は販売を控えるように呼びかけています。これは年末年始は需要が高まる時期であるためであり、最大1カ月の販売停止期間を設けるよう呼びかけています。

年末年始はGo To イート販売控えを呼びかけ!

農林水産省は、プレミアム付き食事券について、食事券の販売を終えていない35都道府県に対して、年末年始は販売を控えるように呼びかけています。
年末年始は施策がなくても外食の需要が高まるための措置であり、停止期間は自治体の判断に委ねるとのことです。

5都府県で時短要請解除、都は接種証明で5人以上の会食も可能に

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府の5都府県にて、飲食店に出されていた営業時間の短縮要請が解除されました。
酒類提供について、東京都では認証店は制限解除、非認証店においては午後9時までの提供を認めます。埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府は全面解除されました。
また、都内飲食店では接種証明を提示すれば5人以上の会食も可能になりました。

2021年10月25日からの飲食店の営業や酒類提供について(赤文字は変更点)
営業時間 酒類提供時間 人数制限
東京 認証店 午後9時まで
→制限なし
午後8時まで
→制限なし
1卓4人以内
5人以上は要接種証明
非認証店 午後8時まで
→制限なし
自粛要請
→午後9時まで
なし
→1卓4人以内
大阪 認証店 午後9時まで
→制限なし
午後8時半まで
→制限なし
1組4人以内or同居家族
→1卓4人以内or同居家族
非認証店 午後8時まで
→制限なし
自粛要請
→制限なし
1組4人以内or同居家族
埼玉、千葉、神奈川 認証店 午後9時まで
→制限なし
午後8時まで
→制限なし
4人以内or同居家族
→制限なし
非認証店 午後8時まで
→制限なし
自粛
→制限なし
4人以内or同居家族
→制限なし
〈参考〉読売新聞「5人会食 接種証明で可 都、時短要請を決定」(2021.10.22)


基本的対策徹底期間:10/25(月)~11/30(火)24時まで

※12/1以降は状況を見て判断となります

一都3県共同メッセージ 一都三県共同メッセージ(PDF)


東京都
・「三つの密」の回避などをはじめ基本的な感染防止策の徹底について協力を依頼
・規制や旅行など、都道府県をまたぐ移動の際は、基本的な感染防止策を徹底するとともに、特に大人数の会社を控えるよう協力を依頼
・路上、公園などにおける集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を控えるよう協力を依頼 等
・事業者には、同一グループの同一テーブルへの入店案内を4人いないとするように協力を依頼し、大人数で同一テーブルを使用する場合には感染リスク低減のため、「TOKYOワクションアプリ」(11/1以降)または、ほかの接種証明などを活用することを推奨 等
参照:東京都「基本的対策徹底期間」について

千葉県
・「3つの密」、「感染リスクが高まる「5つの場面」」等の回避や、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いやアルコール消毒などの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策を徹底
・「10のポイント」「新しい生活様式の実践例」を参考
・帰省や旅行など、都道府県間の移動は、「3つの密」の回避を含め基本的な感染防止策を徹底するように依頼 等
・事業者には、店の広さに応じて一定の距離の確保や会話時はマスク着用を求める 等
参照:千葉県「基本的対策徹底期間」について

神奈川県
・今後も三密を避け、手洗い・マスク着用といった従来の行動維持を心がける
・M(マスク)・A(アルコール消毒)・S(遮蔽とショートタイム)・K(距離と換気、冬は加湿)の基本的な感染防止対策を継続
・外食する際は、マスク飲食実施店の認証店を選び、一組(1テーブル)4人または同居家族、2時間を目安にする 等
・事業者には、今後、感染が再拡大した際には、マスク飲食実施店とそうでない店で、要請内容に差をつけることもありますので、認証申請していない店舗は、早めに申請を 等
参照:神奈川県「基本的対策徹底期間」について

埼玉県
・「三つの密」を徹底的に避けるとともに、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」等の基本的な感染防止対策を徹底
・帰省や旅行・出張など都道府県間の移動に際しては、基本的な感染防止対策を徹底し、特に大人数の会食を控える
・飲食等については、お客様の命を守る取組に参加する「彩の国『新しい生活様式』安心宣言飲食店+(プラス)」認証店の利用を推奨
・事業者には、人と人との間隔をできるだけ1m以上空けるなど業種別ガイドラインを遵守するとともに、「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」の使用・遵守を徹底 等
参照」埼玉県「基本的対策徹底期間」について

東京都、認証店は時短要請全面解除へ(10/19更新)

新型コロナウイルス対策の「リバウンド防止措置期間」が終わる25日以降、東京都が感染防止対策を十分に実施していると認めた飲食店に限り、これまで出していた営業時間の短縮要請などを全面的に解除する方針です。また、午後8時までとしていた酒類提供の時間制限も撤廃される見込みです。

〈参照〉産経新聞「東京都、「認証」受けた飲食店は全面解除へ 新型コロナ対策で

飲食店の実証実験、3道府県で開始(10/19更新)

政府は18日、新型コロナウイルス対策の行動制限を一定の条件下で緩和する「ワクチン・検査パッケージ」を巡り、飲食店での実証実験を3道府県で開始することを発表しました。京都府で21日、北海道で22日、福岡県で25日からそれぞれ始まります。
また、飲食店の技術実証は今後12道府県で予定しており、ワクチンを2回接種したか検査で陰性を証明した人を対象に5人以上の会食を認めるといった内容で、営業時間や酒類を提供できる時間も延長する見込みです。

〈参照〉日本経済新聞「飲食店の制限緩和、3道府県で開始へ 京都府は21日から

飲食対策の徹底と人流抑制について

緊急事態措置区域においては、酒類提供する飲食店に対する休業要請を含め、これまでの取組を継続・徹底をお願いしています(2021年6月21日以降における取り組み)※新型コロナウィルス感染症本部発表。

2021年10月1日~10月24日の飲食店の営業や酒類提供について
10月1日~24日の期間、東京都と千葉県では「リバウンド防止措置期間」、埼玉県では「段階的緩和措置」が行われています。また、神奈川県と大阪府においても営業時間や酒類提供について一部制限が行われています。
※北海道、群馬県、兵庫県、福岡県、広島県の時短要請は全面解除されました。

営業時間 酒類提供時間 人数制限
東京 認証店 午後9時まで 午後8時まで 1グループ4人まで
認証なし 午後8時まで 自粛要請
千葉 認証店 制限なし 1グループ4人まで
確認店 午後9時まで 午後8時まで
認証・確認なし 午後8時まで 自粛要請
神奈川 認証店 午後9時まで 午前11時~午後8時 1グループ4人まで
認証申請中 午後8時まで 午前11時~午後7時半
それ以外 午後8時まで 禁止
埼玉 認証店 午後9時まで 午前11時~午後8時 1グループ4人まで​※10月15日より、席を移動しない場合のみ5人以上の利用も可能
認証なし 午後8時まで 自粛継続
大阪 認証店 午後9時まで 午後8時半まで 1グループ4人まで
認証なし 午後8時まで 自粛要請


まん延防止等重点措置区域においては、以下の取組を実施

・飲食店に対し20時までの時短要請を行い、徹底を図る
・酒類提供は、一定の要件(※)を満たした店舗において19時まで提供可。ただし、感染状況に応じ、知事の判断でさらに制限を行うことができる
※いわゆる4項目(アクリル板等+換気+消毒+マスク会食)の感染防止策等
・飲食店における感染防止策の第三者認証の普及と適用店舗の拡大に努める

※内閣官房発表「国民の皆さんにお伝えしたいことのポイント 」参照

Go To Eatキャンペーンを利用いただく皆さまへ

感染拡大防止に向けて、対象地域の酒類提供を行う飲食店などに対し、営業時間短縮等の要請が出されています。Go To Eatキャンペーンを利用いただくにあたり、以下を必ずご一読願います。

  1. 手洗い・消毒の徹底
    食事の前には、手洗い・消毒を徹底してください。
  2. 咳エチケット
    咳エチケットを守り、会話を控えめにお願いします。※食事以外はマスクを装着
  3. 換気を大切に
    三密を回避し、換気に協力しましょう。※混雑時間を避けたご利用

    農林水産省:Go To Eatキャンペーン事務局


Go Toイート47都道府県を網羅【後編】
近畿エリア・中国エリア・四国エリア・九州エリア 



引用元:「農林水産省 Go To Eat キャンペーン」公式サイト

\ Go To トラベルキャンペーン特設ページはこちら! /
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓


\ 申請方法などの最新情報はこちら! /

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください