• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • Go To トラベル最新情報まとめ!9/30まで緊急事態宣言、まん延防止重点措置の動きは?再開はいつ?(9/13更新)
Go To トラベル最新情報まとめ!9/30まで緊急事態宣言、まん延防止重点措置の動きは?再開はいつ?(9/13更新)

GoToTravel

Go To トラベル最新情報まとめ!9/30まで緊急事態宣言、まん延防止重点措置の動きは?再開はいつ?(9/13更新)

キャンペーン NEWS 夏のおすすめ 宿泊 絶景 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報をお届けします。それに関わる緊急事態宣言やまん延防止等重点措置についても解説します。(※2021/9/13現在の情報です。今後キャンペーン内容の変更がある場合があります)

Summary

「緊急事態宣言」19都道府県にて9/30まで延期、まん延防止は8県にて(9/13更新)

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言とまん延防止重点措置を9月30日まで延期しました。

9/30まで「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の指定地域
「緊急事態宣言」:沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県、北海道、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、広島県

「まん延防止等重点措置」:石川県、福島県、熊本県、香川県、鹿児島県、宮崎県、宮城県、岡山県

※政府発表「新型コロナウィルス感染症対策 」参照

飲食店の営業や酒類提供について
・「緊急事態宣言」対象地域では、酒類を提供する飲食店に対し引き続き休業を要請する。
・「まん延防止等重点措置」の地域でも、原則営業時間短縮・酒類提供停止を要請するとしたうえで、知事の判断で緩和できるようにする方向で調整を進めている。
※各都道府県によって対応は異なります。


観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンとは?

政府が2020年4月に発表した「Go To キャンペーン事業」は、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、観光業や飲食、エンターテイメント業界が打撃を受けたことによる日本の景気を再興すべく施策です。

10/1より、補助対象から除外されていた東京都を発着する旅行と東京在住者の旅行が解禁されました。また、「地域共通クーポン」の利用も全国で始まりました。さらに、「Go Toイート」事業も始まりました。
国土交通省観光庁「令和2年度 観光庁関連補正予算」資料より
国土交通省観光庁「令和2年度 観光庁関連補正予算」資料より


「Go To キャンペーン事業」は大きく4つの事業で構成されています。

    1. Go To トラベルキャンペーン ※除外されていた東京都を発着する旅行と東京在住者の旅行が解禁
      旅行業者など経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の1/2相当分の宿泊割引やクーポンなど旅費を付与(最大1人あたり2万円分/泊)。
      ※7泊分までを支援の対象となりました。11月17日(火)0時以降の予約・販売分より適用します。回数の制限はありません。
      ※7泊分までを支援の対象となりました。11月17日(火)0時以降の予約・販売分より適用します。回数の制限はありません


    2. Go Toイート キャンペーン2020/10/1~  ※最長2021/12/31まで利用期間延長
      オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイントなどを付与(最大1人あたり1000円分)。ほか、登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(購入額の25%分上乗せ)を発行。
    3. Go Toイベント キャンペーン2020/11/4~ 
      チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、割引・クーポンなどを付与(2割相当分)。チケット価格2割相当、上限2,000円を支援します。対象はスポーツ(観戦含む)、音楽、舞台、美術館、遊園地など。
      ※感染拡大防止のため、首都4都県に対して最大5千人上限としていましたが、最大1万人上限に3/22から緩和。さらに、4/19から収容定員の50%以内に一段と緩める予定です
    4. Go To商店街 キャンペーン2020/10/19~
      商店街などによるキャンペーン期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品開発などの実施。団体ごとに上限300万円を支援します。催事や地元商品の開発など。

>>「ふっこう割」についてはこちら
>>「地域共通クーポン」についてはこちら

\ Go To トラベルキャンペーン特設ページはこちら! /
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓


\ Go Toトラベルの対象施設検索はこちら! /

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓



Go To トラベルキャンペーン第1弾、第2弾とは?

10月1日からは「旅行代金割引」35%と合わせて「地域共通クーポン」15%も加わります
10月1日からは「旅行代金割引」35%と合わせて「地域共通クーポン」15%も加わります
第2弾、旅行代金割引+地域共通クーポン
第2弾、旅行代金割引+地域共通クーポン


国土交通省は「東京都在住の方および都内を目的とした旅行や都内を発着する旅行を対象外とし(東京都を通過するのは可)、高齢者・若者の団体旅行や宴席を伴う旅行については事業者の判断に委ねる」としています。また、ホテルなどチェックイン時に本人確認と検温が義務化されました。

Go To トラベルの除外となっている東京都について、国土交通省は政府が事業開始を表明した7月10日から、東京都を除外する方針を明らかにした17日までの予約を対象にキャンセル料金を保証する方針を固めました。

【12/8 15:00追記】観光庁は「Go To トラベル」事業における最新の利用実績を発表しました。7/22~11/15の期間中、少なくとも利用人泊数は約5,260万人泊、宿泊・旅行代金の割引は約2,590憶円に上りました。また、「地域共通クーポン」は10/1~12/1の付与は少なくとも約571憶円に上りました。


観光庁:発表資料より
直近の利用人泊数含めて右肩上がりに伸びており、11/1~11/15のわずか2週間で825万人増加しています。※観光庁:発表資料より


引用元:観光庁「Go To トラベル事業の利用実績について

>>「地域共通クーポン」についてはこちら


Go Toトラベル キャンペーンとは?いつからいつまで?

Go To トラベルキャンペーンとは、新型コロナウイルス感染症の流行収束後の一定期間に限定して、国内旅行の宿泊代金や日帰り旅行代金の費用等を支援するキャンペーンです。対象期間は2020年7月22日以降、2021年1月末ごろまでの実施を予定しています。【12/3時点】政府は「Go To トラベルキャンペーン」について、2021年6月末まで延長する方針を固めました。

泊数制限について:7泊分までを支援の対象とします。※11月17日(火)0時以降の予約・販売分より適用します。回数の制限はありません。
詳細は「Go To トラベル事業における泊数制限の導入について


\ Go To トラベルキャンペーン特設ページはこちら! /
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓


\ Go Toトラベルの対象施設検索はこちら! /

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓



Go Toトラベル キャンペーンの仕組みと割引率?

国土交通省観光庁「Go To トラベル事業」7月22日時点版より抜粋
国土交通省観光庁「Go To トラベル事業」7月22日時点版より抜粋


・国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援
・支援額の内、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与
・ 一人一泊あたり20,000円が上限(日帰り旅行については10,000円が上限)
・連泊制限や利用回数の制限はありません

>>「地域共通クーポン」についてはこちら
※詳細は国土交通省観光庁の発表をご確認ください。

※7/27、Go To トラベル事務局が旅行者向け 「Go To トラベル事業公式サイト」を公開しました。

たとえば1人で1泊2万円の旅行代金の場合、旅行代金の1/2相当額10,000円が支援され、そのうち①7割の7,000円が旅行代金の割引に、②3割の3,000円が旅行先で使える地域共通クーポンとして付与される予定です。


\ Go To トラベルキャンペーン特設ページはこちら! /
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓


\ Go Toトラベルの対象施設検索はこちら! /

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

 


Go Toトラベル キャンペーンの還付対象・適用条件は?

国土交通省観光庁「Go To トラベル事業」7月20日時点版より抜粋
国土交通省観光庁「Go To トラベル事業」7月20日時点版より抜粋


対象となる旅行の条件として、下記2つの条件を満たす必要があります。※事後還付手続きは9月14日〆切となりました。

① その旅行商品がGo To トラベル事業による支援対象の旅行
② その旅行商品を販売する事業者が、今後Go To トラベル事業の参加登録を受けること

対象外で注意すべきは、個人で手配する航空、鉄道、バス、旅客船、タクシー、高速道路などの交通です。ただし、宿泊に準ずるクルーズ・夜行フェリー・寝台列車(いずれも座席のみとみなされるものを除く)は対象となります。尚、キャンペーンの支援を受けるには、ご自身で旅行後に還付の手続きをしていただく必要があります。

国土交通省観光庁「Go To トラベル事業」7月22日時点版より抜粋
国土交通省観光庁「Go To トラベル事業」7月22日時点版より抜粋



【関連情報】Go Toトラベル キャンペーン(過去更新内容)

「緊急事態宣言」新たに7府県を追加、6都府県も延長へ

政府は、緊急事態宣言の対象地域に、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県の7府県を追加し、東京都など6都府県の宣言も延長することを決定しました。期間は8月20日から9月12日までとしています。

また、同じ期間、まん延防止等重点措置を、宮城県、山梨県、富山県、岐阜県、三重県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、鹿児島県の10県に新たに適用する方針です。

9/12まで「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の指定地域
「緊急事態宣言」:沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県
「まん延防止等重点措置」:北海道、福島県、石川県、愛知県、滋賀県、熊本県、宮城県、山梨県、富山県、岐阜県、三重県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、鹿児島県

※政府発表「新型コロナウィルス感染症対策 」参照

東京に4度目の「緊急事態宣言」発令後、期間延長。「重点措置」延長地域も

政府は緊急事態宣言について6都府県に、まん延防止等重点措置について5道府県に発令しています。

8/31まで「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の指定地域
「緊急事態宣言」:沖縄県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府
「まん延防止等重点措置」:北海道、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、石川県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、兵庫県、熊本県、福岡県

※政府発表「新型コロナウィルス感染症対策 」参照

「緊急事態宣言」:広島、岡山は解除、ほか7都道府県は移行へ

政府は10都道府県に発令している「緊急事態宣言」について、沖縄を除いて6/20を期限に解除するこを6/17に正式に決定しました。但し、東京など7都道府県は「まん延防止等重点措置」に移行となります。

6/21~7/11「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の指定地域
「緊急事態宣言」:沖縄県
「まん延防止等重点措置」:北海道、東京、千葉、埼玉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡
※6/20を期限に「緊急事態宣言」にあった広島と岡山、「まん延防止等重点措置」にあった岐阜と三重は解除されます

飲食店の営業や酒類提供について
・「まん延防止等重点措置」の地域では、飲食店に午後8時までの営業時間短縮を求める
・アクリル板設置など感染対策を徹底すれば酒の提供を午後7時まで認める
※但し、感染状況に応じて各知事の判断で酒の提供を停止できる

「緊急事態宣言」は6都府県に対象を拡大して5/31まで延長

政府は「東京都・大阪府・兵庫県・京都府」の4都府県に出している緊急事態宣言について、5/11までの期限を5/31まで延長することを決定しました。また、新たに5/12より「愛知県・福岡県」を加えて宣言対象を6都府県に拡大します。
対象6都府県:「東京都・大阪府・兵庫県・京都府」+「愛知県・福岡県」
※北海道、岡山、広島の3道県を5/16から追加適用する方針

休業要請の一部緩和(※各知事の判断に委ねる)
・休業中のデパートなど大型商業施設は午後8時までの営業を許可
・無観客開催であった大型イベントは観客5,000人(収容人数の50%以下)まで入場可能
※酒やカラオケを提供する飲食店の休業要請は継続。さらに客が酒を持ち込む店も休業要請の対象となります。それ以外の飲食店の営業時間は午後8時まで

「まん延防止等重点措置」は8道県に対象を変更して5/31まで延長

政府はまん延防止等重点措置についても5/31までの期限を延長することを決めました。すでに対象の「千葉県・埼玉県・神奈川県・愛媛県・沖縄県」に、5/9より「北海道・岐阜県・三重県」を追加して、計8道県が対象になります。宮城県は5/11で期限の適用を解除されます。
対象8道県:「千葉県・埼玉県・神奈川県・愛媛県・沖縄県」+「北海道・岐阜県・三重県」
※群馬、石川、熊本の3県を5/16から追加適用する方針

地域観光支援事業3県に交付決定

政府は全国で停止中の「Go Toトラベル」事業の再開を6月以降に先送りする方針を固めました。再開までの間は都道府県が独自に行なう住民向けの旅行割引、地域観光支援事業を開始します。4月20日時点で14県から補助申請があり、そのうち秋田県、岩手県、高知県の3県に交付を決定しています(交付額70億円)。

「観光庁」資料より
「観光庁」資料より



4月1日から5月末まで最大7千円(1泊1人あたり)を支援!

■地域観光事業支援(住民向け旅行割引)

新型コロナウィルス感染が落ち着いている地域が対象で県内旅行を促進します。1人1泊あたり最大7千円を国が負担します(支援総額3千億円)。

対象地域:全国の都道府県ごと(住民限定で地域内の宿泊施設に泊まった際が対象)
対象期間:2021/4/1~5月末 ※感染が落ち着いている地域から順次。感染状況によっては6月以降の継続も検討
割引率:自治体が独自に設定

詳細はこちら:『4/1から順次開始!1泊最大7千円を国が支援! ステージ2の地域からGo To トラベル再開までおトクに!5/31まで地域観光事業支援
※第一弾として秋田県より開始されています

3月21日をもって全都道府県で「緊急事態宣言」を解除

政府は、6府県に続き、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言を3/21をもって解除いたしました。「Go To トラベル」「地域共通クーポン」ともに一時停止が継続となっています。

「Go To トラベルキャンペーン」「地域共有クーポン」利用の延長期間:~当面の間

【注意事項】
※Go Toトラベルキャンペーン一時停止期間中、取扱店舗では地域共通クーポンの利用はできません。
※また、電子クーポンのシステムを停止するため、電子クーポンも使用できません。
Go To トラベル事務局:Go To トラベル事業のお知らせ一覧

今後、Go Toトラベルの再開については、新型コロナウイルス感染防止対策を強化する方針で、Go To トラベルの割引の対象を県境をまたがない旅行に限定して運用を再開するなど、都道府県単位で段階的に対象を拡大することも検討しています。

緊急事態宣言:1都3県に2021年1月7日に発令されて以降、1月13日には11都道府県に拡大。2月8日に栃木県が解除されて、2月28日に前倒しで6府県(愛知県、岐阜県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県)は解除されています。1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)については3月7日の期限を2週間再延長していました。
内閣官房:新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言



【最新情報】首都圏1都3県にて緊急事態宣言3/21まで再延長

政府は、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言について、3月7日の期限を2週間再延長すると決定しました。
この緊急事態宣言の延長に伴い「Go To トラベル」の全国一律停止も継続することにしています。
「地域共通クーポン」利用の一時停止も継続となっています。
延長期間:3月8日~当面の間
【注意事項】
※一時停止期間中、取扱店舗では地域共通クーポンの利用はできません。
※また、電子クーポンのシステムを停止するため、電子クーポンも使用できません。

緊急事態宣言の1都3県の延長に伴い、Go Toトラベル事業停止延長(3/5発表)

新型コロナウイルス感染症対策本部において、1都3県の緊急事態宣言の延長が決定されました。Go To トラベル事業の再開時期や再開の方法については、Go To トラベル事務局より改めてお知らせすることといたします。
・緊急事態宣言の対象外の地域を含めて全国で停止
・再開時期や方法については未定(1都3県の緊急事態宣言延長は3月21日まで)

最新のGo To トラベル事務局の情報はこちら:「Go To トラベル事務局お知らせ

Go Toトラベル事業、3/7まで停止延長(2/2発表)

国土交通省は緊急事態宣言の延長を受けて、Go To トラベル事業の全国一斉停止措置を3月7日まで再延長すると発表しました。
・緊急事態宣言の対象外の地域を含めて全国で停止
・3月7日宿泊分(3月8日チェックアウト分)まで継続する

詳細はこちら:「Go To トラベル事業の一時停止措置の継続について
※Go To トラベル事業は2021年1月末までの旅行を対象としていましたが、2021年2月末まで延長することが決定しています。3月以降(詳細未定)については、割引率の段階的引き下げや平日に旅行を分散させるなどの対策を行い、6月末まで延長する方向で検討中となっています。

Go Toトラベル事業、2/7まで停止延長(1/7発表)

政府はGo To トラベル事業について年末年始の12/28~1/11まで全国一斉にて停止することを決めていましたが、1/12以降も継続することを1/7に発表しました。全国一斉停止措置は2/7までとなります。
・緊急事態宣言の対象外の地域を含めて全国で停止
・Go To トラベル事業を適用した旅行商品のキャンセルは無料(1/7の18時までに予約された旅行商品にて1/17の24時までのキャンセルに限る)

詳細はこちら:「緊急事態宣言に伴う全国的な旅行に係るGo To トラベル事業の取扱いについて

Go Toトラベル事業、全国一斉に停止(12/24追記)

政府はGo To トラベル事業について、年末年始の12/28~2021/1/11まで全国一斉にて停止することを決めました。
【12/24 16:00追記】観光庁は12月24日、年末年始における「Go To トラベル」事業の全国一時停止措置について、キャンセルを無料でできる期間を当初の12/24までから、12/27の24時までに延長すると発表しました。詳細はこちら
【12/17 15:00更新・追記】国土交通省は「Go To トラベル」について、札幌市・大阪市・東京都、名古屋市に加えて、新たに広島市を12/27まで目的地とする旅行に関して事業の対象から除外すると発表しました。キャンセルに関しては12/24まで(広島市は12/26)に手続きをすればキャンセル料を無料としています。

観光庁:「【更新】Go To トラベル事業の取扱いについて (Go To トラベル事業公式サイト)」

観光庁が新たに「分散型旅行」を推進!(12/8追記)

観光庁は、時間や場所をバラバラ(=分散)にして混雑を避ける旅「分散型旅行」と題して、普及啓発を開始しました。年末年始含めて、withコロナ時代に旅行の分散化を促進するキャンペーンです。計画、移動、宿泊、食事、観光、年末年始のシーンや地域「例:Go To 国立公園」など分散型旅行のイメージを紹介しています。
観光庁:「分散型旅行(旅行者向けGo To トラベル事業公式サイト)

Go To トラベル キャンペーン6月末まで延長する方向へ!(12/3追記)

政府は、2021年1月末で期限を迎える観光支援策「Go To トラベル」を、2021年6月末まで延長する方針を固めました。但し、1人1泊あたり最大35%割引(上限14,000円)などは段階的に縮小する方向とのこと。

>>>追記事項のまとめはこちら


新しい旅のエチケット、そしてプランニングはこちら!

余裕を持ってより良い計画を立てていきましょう
余裕を持ってより良い計画を立てていきましょう


今回のキャンペーンを利用すれば、行ってみたいと思っていた憧れのホテルや宿にお得に宿泊したり、お得な旅を楽しめるはず。そして、安心で楽しい旅行のために、旅先の状況確認や旅のエチケットなど感染防止を心掛けることをどうぞお忘れなく。

『るるぶ&more.』では引き続き、お得でとっておきの最新旅行情報をお届けしてまいりますので、ぜひこまめにこちらのサイトをチェックしてください。

国土交通省が発表した「新しい旅のエチケット」も忘れずに!
【10/5追記】 沖縄県を訪問される皆様へのご協力のお願い

■「新しい旅のエチケット」「新しい旅のルール」の動画 が公開されました。

あああああ
新しい旅のエチケット、感染リスクを避けて安心で楽しい旅行を

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

\ Go To トラベルキャンペーン特設ページはこちら! /
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓


\ Go Toトラベルの対象施設検索はこちら! /

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください