小鳥遊しほがご案内!「かごしま遊楽館」で、鹿児島県の魅力を先取りしちゃお!

小鳥遊しほがご案内!「かごしま遊楽館」で、鹿児島県の魅力を先取りしちゃお!

東京都 おでかけ 鹿児島県 伝統工芸 ご当地グルメ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

こんにちは!小鳥遊しほです。11月に、鹿児島旅行を計画中の私。久しぶりの旅行!初鹿児島!ということで、今から情報を仕入れながらわくわくプランを練っていたそんなある日、有力情報が。鹿児島県の観光情報やグルメ、おみやげなどについて知ることができる「かごしま遊楽館」という場所が都内にあるんだとか!ということで、早速行ってきたのでレポートしまーーーす!

Summary

鹿児島インスタライブ

「かごしま遊楽館」ってどんなところ?

じゃじゃーん!さっそくやってきました、こちらが「かごしま遊楽館」。地下鉄日比谷駅のA4出口から徒歩0分の激近です!(右に見えるのが出口。ほんとに目の前!)JR有楽町駅日比谷口からでも徒歩2分で、とってもアクセスがよいのでお仕事帰りにもささっと寄れます。

「かごしま遊楽館」は首都圏と鹿児島を結ぶ拠点として、鹿児島県が設置している公式のアンテナショップ。2020年5月30日に開館25周年を迎えたそうです。インスタグラムもやっているので、こちらのアカウントからお店の様子、特産品・農産物の知識、観光情報をゲットすることも可能!さっそくフォローしてみよう♪

まずは1階で鹿児島県の観光情報をゲット!

まず訪れたのは、1階の観光案内コーナー。無料でもらえるパンフレットや地図がたくさんあるので、旅行前にはもってこいです!鹿児島といえば?と聞かれても桜島とおいしい焼酎くらいしか浮かんでこない私…(鹿児島の皆さんごめんなさい笑)。そこで、観光案内のスタッフさんにおすすめスポットを伺ってみました!

鹿児島県は、南北600キロに及ぶ広大な県土の中に美しい自然や豊富な温泉、個性ある歴史・伝統を今に伝える施設など、魅力ある観光地がたくさんあること、数多くの酒蔵や魅力ある食べ物のことなど、写真と共にわかりやすく説明してもらいました。頼るべきは観光のプロだ~!



調味料からお土産品まで!鹿児島グルメの予習と購入

観光情報をゲットしたら、同じく1階の「さつまいもの館」で鹿児島グルメを見学!ここは、鹿児島県自慢の食材や旬の生鮮食品が手に入るグルメの宝庫です。「鹿児島県のものを食べてみたい!」という私のような初心者さんはもちろん、「あの懐かしい味を東京でも楽しみたい!」「鹿児島の郷土料理を作りたい!」という鹿児島出身者の方々も愛用しているのだとか。

さっそくさつま揚げのショーケースに魅了される。子どもから大人まで大好きなさつま揚げ、やっぱり本場で食べたら最高なんだろうなぁ~!旅行日までは、ここでさつまあげをゲットして、鹿児島気分を盛り上げるのもいいかもっ!

そして、やっぱり焼酎コーナー!笑
焼酎バーに通うほど焼酎が好きな私。いろんな銘柄を前に、テンションだだ上がりです。今手にしている「富乃宝山(3101円、税込)」は鹿児島県日置市の西酒造で作られたもの。1800mlも入っているので、家飲みでも重宝しそう…!

こちらの「福金山(1980円、税込)」という焼酎は、いちき串木野市の濵田酒造金山蔵で作られた、金箔入りいも焼酎!中の金箔が、傾けるとキラッキラするのです!素敵!

お酒がいろいろあるだけじゃない!もちろんお酒に合う食べ物も盛り沢山です。
こんな感じの持ち帰りやすいチルド商品も充実していてうれしい限り。手にしているのは「実はうなぎの養殖が日本一」という鹿児島の「鰻の蒲焼(2430円、税込)」と、「実は鶏肉の生産日本一」という鹿児島の鶏を使った「いずみとり柿酢仕立てムネ肉(540円、税込)」。え…?日本一がこんなにあるなんて…なんか鹿児島すごすぎない?笑

そして調味料も充実!都内のスーパーでは手に入りづらい九州の甘いお醤油だって、種類豊富に揃ってます!
こりゃ地元の人も来るわけだ~。私も醤油を買って帰りたいと思います!!

薩摩切子の魅力にうっとり!工芸品を味わう3階

お次は3階。薩摩焼、薩摩切子、大島紬、屋久杉加工品など、伝統と技が生きる工芸品の数々が展示・販売されています!初めて手にするかわいい薩摩切子に釘付けの私。これで焼酎をぐいっと飲んだら、たまらないんだろうなあ~!などと考えながら値段をチラリ…

ぐおぉぉぉっ…!笑
こ、高級品に手が震えます。笑
いつの日かこれで乾杯できるよう、今日のお仕事を頑張りましょう。

その他、化粧品類やアクセサリーといった女性にうれしい商品も多数!
普通だとかなりお値段がする、ヘアオイルとしても使える「椿油」は、なんと1080円(税込)!ボトルのデザインもかわいくて、女性は要チェックのアイテムです。手作りのつげぐしも、鹿児島ならではの伝統工芸品。「髪は女性の命」ということで、セットでお買い求めもありかもしれません。

こんなかわいい西郷どんのトートバッグ「ごわすトート(1518円、税込)」も発見!なんとも言えない表情がとってもキュート!
今日の服に合う!とスタッフさん達と盛り上がり…

顔を真似て撮ってみたり。似て…るか…?笑


お腹が空いたら2階へGO。絶品料理をいただきます!

鹿児島グルメに伝統工芸品と、いろいろ見て予習はバッチリ!ということで腹ごしらえを。かごしま遊楽館さんはショップだけでなく、鹿児島料理が食べられるレストラン「遊食豚彩いちにいさん」もあるのも魅力です!

すっきりとした店内は落ち着いた雰囲気。友人同士でも、仕事関係の人達との会食などでも利用できそう!

店の真ん中にある、見える冷蔵庫(?)がすごい。どんどんお腹が空いてくるー!

さっそく席でメニューを拝見。鹿児島名物・黒豚を使ったしゃぶしゃぶがメインですが、今回はおつまみメニューと焼酎で、明るいうちから鹿児島飲みを堪能しちゃおうと思います♪笑

頼んだものはこちら。写真上から
とろとろで美味しそう!「とん骨ごぼう煮込み(550 円、税込)」
注文必須!「さつま揚げ3種盛り(人参・チーズ・棒天)(660円、税込)」

かごしま遊楽館スタッフさんのオススメ!「あげ豚の香り塩(1100円、税込)」

そして雰囲気抜群の黒ぢょかでいただく「吉兆宝山(780円、税込)」です!黒ぢょかとは、焼酎を温める土瓶のこと。そういえば、3階の工芸品コーナーにもあったなぁ。

どれもめちゃくちゃ美味しそう!いただきまーす!

特別に店長さんに注いでもらっちゃいました。贅沢…!

まずは煮込みから~!

ぱくっ!

うんまぁぁぁぁ!
箸で簡単にほぐれるほろっほろのお肉に、味の染み込んだごぼうがたまりません。

ここでグイッと焼酎を!

くぅぅぅぅー!!!

たまらん!!!!!!(の全開笑顔!笑)

さつま揚げは、そのまま食べても美味しいですが、鹿児島の甘いお醤油をつけていただくのも絶品!3種の味があるので、飽きずに楽しめるのもうれしいですよね。はぁ...お酒が何杯でも飲めそう...!

スタッフさんオススメ「あげ豚の香り塩」は自家製のスパイス塩をまぶして揚げた、柔らかジューシーなお肉!子どもも大人も楽しく食べられる鹿児島料理、早く現地でも食べたいなー!

早く行きたい鹿児島県!秋は旅行の季節です!

鹿児島県の観光スポットを予習できたり、おいしいグルメや名産品に触れられて、鹿児島旅行がさらに楽しみになりました。現地に行ったら、綺麗な景色や歴史を感じて、もっともっと感動するんだろうな~!
お酒大好きな私は、酒蔵見学をメインに旅程を立てている最中。当日はインスタライブで様子を配信しようかなと考えているので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね♪
鹿児島県インスタライブ
旅行にぴったりの季節、秋本番!みんなも旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうー!



■かごしま遊楽館
住所:東京都千代田区有楽町1-6-4 千代田ビル1~3階
連絡先及び営業時間:
・食品販売(さつまいもの館)
TEL:03-3580-8821
営業時間:11~19時
・観光案内コーナー
TEL:03-3506-9174
営業時間:11~18時
・レストラン(遊食豚彩いちにいさん)
TEL:03-3501-3123
営業時間:11時30分~22時30分(日曜、祝日は~22時)
・工芸品展示・販売(鹿児島ブランドショップ)
TEL:03-3506-9171
営業時間:11~18時
休み:なし

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Sponsored:鹿児島県東京観光連絡協議会(事務局:鹿児島県東京事務所)

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

エディターズ紹介バナー

人気ランキング

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください