熊本県おすすめ博物館13選!展覧会&イベント情報ほか営業再開状況もチェックしよう

熊本県おすすめ博物館13選!展覧会&イベント情報ほか営業再開状況もチェックしよう

熊本県 おでかけ 週末おでかけ 博物館 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「火の国」と呼ばれる熊本は、雄大な自然や温泉に恵まれた地。活火山・阿蘇やおいしい焼酎でも有名ですね。隠れキリシタンが暮らし西南戦争の舞台ともなった熊本ならではの個性豊かな博物館が揃っています。編集部おすすめの博物館13件をご紹介します。

Summary

天草市立天草キリシタン館

本渡市街地を一望する城山公園内にある。2階展示室では、「天草キリシタン史」、「南蛮文化の伝来と天草」、「島原・天草一揆」、「一揆後の天草復興とキリスト教信仰」の4ゾーンに分けて天草の歴史を紹介。島原・天草一揆で実際に使われ、血痕や矢弾の跡が残る国指定重要文化財「綸子地著色聖体秘蹟図指物[りんずじちゃくしょくせいたいひせきずさしもの](天草四郎陣中旗)」は、キリシタン史を代表する貴重な資料で、通常はレプリカですが定期的に実物を展示公開。島原・天草一揆時の武器や踏絵など、約150点の展示品はどれも興味をそそられます。

新聞博物館

熊本日日新聞社の設立45周年事業として、昭和62年(1987)に開館した日本最初の新聞博物館。新聞ができるまでの製作工程コーナーや、グーテンベルクの印刷機(レプリカ)、国産ワープロ1号機の展示などがあります。幕末から現代までの歴史的事件を新聞で紹介した新聞と時代コーナー、新聞と広告コーナーなども見どころです。

■新聞博物館
住所:熊本県熊本市中央区世安町172
TEL:096-361-3111
営業時間:10~17時(最終入館16時30分)
定休日:日曜、祝日、12月26日~1月5日
料金:無料

天草四郎ミュージアム

島原の戦いで天草四郎とともに、信仰の戦いにすべてを捧げた民衆の姿を伝えるテーマ館。迫力ある映像による、島原の戦いのイメージビデオは必見。南蛮船の模型やジオラマも展示され、当時の歴史的背景を分かりやすく解説しています。2階の瞑想ホールでは、光と音に包まれてくつろげます。所要45分。

熊本国際民藝館

民芸運動の実践家であり、初代館長の外村吉之助により設立された民芸館。彼が世界各地を訪ねて収集した民芸品が展示されています。粘土やブリキの玩具、陶磁器、木工品、染織品、編組品(竹やかずらで編んだかご類)など、展示物は多岐にわたります。織機がある展示室では機織り体験も実施。肥後まりづくりの体験も楽しめます(要予約)。常設展示のほか、年に3回テーマに沿った企画展も開催。

第3回戸田東蔭コレクション「江戸・明治期の食文化を支えたうつわ」展 四君子(蘭、竹、菊、梅の4種)螺鈿台付き重箱(明治時代)
第3回戸田東蔭コレクション「江戸・明治期の食文化を支えたうつわ」展 四君子(蘭、竹、菊、梅の4種)螺鈿台付き重箱(明治時代)

■熊本国際民藝館
住所:熊本県熊本市北区龍田1-5-2
TEL:096-338-7504
営業時間:10~16時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、1月1~4日
料金:大人500円、中・高生350円、小学生300円

熊本博物館

藩主細川家の参勤交代のために造られた御座船「波奈之丸」をはじめ、古墳時代から現代にいたるまで、熊本の歴史や文化を伝える郷土博物館です。プラネタリウムもあり、季節の星空を観賞できます。

■熊本博物館
住所:熊本県熊本市中央区古京町3-2
TEL:096-324-3500
営業時間:9~17時(最終入場16時30分)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日、保守点検期間など
料金:博物館入場料大人400円、高校・大学生300円、小・中学生200円。プラネタリウム観覧料(別途入場料必要)大人200円、高校・大学生150円、中学生以下100円

山鹿灯籠民芸館

温泉街の中心に立つレトロな建物に金灯籠や宮造り、座敷造りなどさまざまな種類の灯籠を展示。国の有形文化財に登録されています。制作工房では灯籠の制作過程を見学可能です。館内見学所要時間30分。
※特別企画展「山鹿灯籠『首里城』」2020年10月10日~2021年3月31日

特別企画展「山鹿灯籠『首里城』」
特別企画展「山鹿灯籠『首里城』」

御船町恐竜博物館

日本で最初に肉食恐竜の化石が発見された御船町にある恐竜専門博物館。常設展示は「導入-太古の世界の探究」「白亜紀の御船」「脊椎動物の進化」「恐竜たちの世界」「生命と地球」の各ゾーンで構成されています。中央ホールは「恐竜進化大行進」と呼ばれ、大迫力の恐竜全身骨格が19体並びます。展示室を抜けると「オープンラボ」と呼ばれるバックヤードへ直結しています。そこでは、スタッフによる研究作業や化石のクリーニング作業など、通常の博物館では見られない博物館本来の活動をガラス越しに見学することができます。

千代の園酒造

コルク栓を用いた大吟醸エクセル3850円や、幻の酒米といわれる「神力」を復活させ、それを贅沢に使った純米吟醸「熊本神力」1760円などが有名。敷地内にある史料館(入場無料)では、昔実際に酒造りに使用していた道具や資料などが多数展示され、酒造りの歴史に触れることができます。年間を通して酒蔵の中の見学は不可となっています。

熊本市田原坂西南戦争資料館

明治10年(1877)、西南戦争最大の激戦地となった田原坂[たばるざか]。今は公園として整備され、桜やツツジの名所になっています。資料館はこの公園内にあり、西南戦争当時の戦場を「光・音・振動・ジオラマ」で再現した臨場感あふれる体感展示を設けています。

阿蘇火山博物館

館内には、阿蘇カルデラの成り立ちや、地形地質日本や世界の火山などの展示があり、3階の5面マルチスクリーンでは火山に関する映画を上映しています。展示室には阿蘇中岳火口のプロジェクションマッピングが登場しました。

熊本県伝統工芸館

受け継がれた伝統の技、熊本の工芸を再発見できます。熊本県伝統的工芸品の指定を受けた作品を中心に常設展示。県内外の優れた工芸品を紹介する企画展も開催されます。5つの貸し展示場では、週替わりで熊本県内外工芸家が展示販売を、また1階工芸ショップ匠では熊本県内さまざまな工芸品を販売しています。
※企画展「匠の技と心~未来に繋ぐ熊本の工芸Ⅲ~」2021年2月23日~4月11日
※「第38回日本伝統漆芸展」2021年4月20日~5月30日

天草市立天草コレジヨ館

天草下島に深く入り込んだ河浦町の羊角湾奥に位置する資料館。16世紀末、河浦に宣教師を養成する大神学校(コレジヨ)が誘致され、天草に南蛮文化が花開きました。館内には、天正遣欧少年使節がローマ法皇から与えられた衣装や、『平家物語』などをはじめとする「天草本」を印刷したグーテンベルク印刷機(復元)、竹筒を使ったパイプオルガンなどの西洋古楽器を展示しています。2階には、平和を願い世界各国から贈られた、民族衣装に身を包む117体の人形を展示する「世界平和大使人形の館」があります。

天草市立天草ロザリオ館

大江教会が立つ丘の麓にあり、天草キリシタンの生活や文化などに関わる遺品などを展示する資料館。﨑津や今富と同じく、潜伏キリシタンの里であった大江には、信仰を続けていくためのさまざまな工夫や祈りの道具が生まれました。なかでも興味深いのは、実物大ジオラマで再現された、オラショ(お祈り)を密かに唱えていた隠れ部屋。葬儀の折に、仏教のお経を封じ込めたという「経消しの壺」や背中に十字架が描かれたマリア観音なども展示されています。映像ホールでは、キリシタンの歴史を15分間にまとめた3D立体映像も大型スクリーンで放映しています。

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください