山形「ショウナイホテル スイデンテラス」へ。露天風呂を満喫!朝はあの絶景をカメラロールに【後編】

山形「ショウナイホテル スイデンテラス」へ。露天風呂を満喫!朝はあの絶景をカメラロールに【後編】

山形県 泊まる 絶景ホテル るるぶ&more.編集部 温泉 一人旅
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

山形県の絶景ホテル「ショウナイホテル スイデンテラス(SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE)」へ。編集部・ゆかっくまの一人旅レポートは、ついに後編へ突入。いよいよ露天風呂と絶景を堪能します!山形県産の食材を使った絶品和朝食にも注目です。※取材は昨年10月に行いました

Summary

\【前編】はこちら!/

山形「ショウナイホテル スイデンテラス」へ!テラス付きのお部屋と山形牛のお食事を堪能【前編】

まさにインフィ二ティ田園!ついつい長居してしまう露天風呂

ご飯を食べたら、いよいよお風呂へ。スイデンテラスには内湯と露天風呂があり、女湯はそれぞれが独立しています。ちなみに源泉かけ流しの天然温泉!

まずは内湯から。女湯はドーム状の建物の真ん中にあるので、プールのような形のお風呂でした。

一度あがって、今度は露天風呂へ!ここがとてもすごい!

湯船の目の前にもかなり広~い水盤が。朝・昼・晩どの時間帯に入っても気持ちよさそう。

わたしは夜22時ごろ入ったのですが、一面真っ暗で目の前には綺麗な三日月&頭上には満天の星空…。こんな幸せなことがあっていいのかな、というくらいの景色をお風呂で楽しめるなんて!東京では見られない風景をしかと目に焼き付けました。

温泉棟の手前には、ライブラリも。共用棟のライブラリと合わせて約2000冊もの本が揃えられています。
こちらの本は、お部屋に持ち帰って読んでもOK。私は北欧ライフスタイルの書籍を1冊チョイスしました。

SAKE LOUNGE
SAKE LOUNGE

ライブラリの隣には、SAKE BAR&SAKE LOUNGEも。
バーでは館内着のまま、お風呂あがりの一杯を。ラウンジでは、山形庄内の地酒と県産ワインが3杯1500円で飲み比べできます。
お酒に関する書籍も一緒に置いてありましたよ。

そして、お風呂あがりのお楽しみといえばアイス!

山形県飯豊町の牛乳を使ったCOZAB GELATOのミルク(500円)と、YAMAGATA 100%APPLE JUICE(380円)を買い、ワクワクでお部屋へ。

ジェラートは濃厚かと思いきや、すっきりとしたミルクの味わい。ジュースも甘さと酸味がちょうどよく合わさった絶妙なおいしさ!ジュースはパッケージも何種類かあり、おみやげにも喜ばれそう。

喜び噛みしめる朝ごはん&朝さんぽ

翌日は、気持ち良い晴れ!天気予報でよく聞く「すがすがしい朝」とはまさにこのことですね。

そんな外の景色を見ながらいただく朝食は「和風弁当と庄内の季節の汁物」。

手前はちょうど新米の季節を迎えていた庄内産の「つや姫」と、おいしすぎてつい8杯おかわりしてしまうことから名づけられた「八杯汁」です。どちらもおかわり自由。

お米はディナーのときにもいただいたのですが、とにかく甘くておいしい!一粒一粒が立っていて、食べ応えも◎。これが毎日食べられたら、人生毎日HAPPY…。
昔からこちらの地方でお盆などに作られる精進料理である八杯汁は、五臓六腑に染み渡る醬油ベースのやさしい味。具はお豆腐や茄子んどが入っています。

奥にはお魚や玉子焼き、お漬物、煮物などなど「The・和朝食」なメンバーが勢ぞろい。もちろんこちらも地元産の食材を使っています。

朝ごはんは席が自由なので、窓際をチョイス。朝日を全面に浴びながらの朝ごはん、なかなか体験できない幸せでした。

朝ごはんを食べたあとは、チェックアウトまで時間があったのでお散歩へ。

見てください~!この絶景を!

私の訪れた時期は稲刈りのちょうど後だったので、このようにリフレクションが綺麗な水田の景色が広がっているのですが、夏~秋にかけてはホテル周りの水田に青々とした稲が植わっているんです。
冬は一面雪化粧となっている日もあり、どの季節にいくかで見られる景色が変わるのもこのホテルの魅力のひとつ。

夜とはまた違った雰囲気ですよね。
ホテルの周りも田んぼになっているので別の建物の映り込みもありません。

近くにはこの景色を堪能するためだけの白いベンチも設置されているんです。

横から見てもステキ。
横から見てもステキ。

ちなみにホテルは「サイエンスパーク」の敷地内にあり、周りには慶應義塾大学の研究所やベンチャー企業、子ども向け施設「キッズドームソライ」が。歩いて5分くらいの場所にコンビニがあるのも地味にうれしいポイント。

絶景と山形のおいしすぎるグルメを堪能しすぎた1泊2日。わざわざ東京から多くの人が訪れているというのも納得の滞在でした。

身も心もリフレッシュできる、スイデンテラスへの旅。みなさんもぜひ一度体験してみてくださいね。

■ショウナイホテル スイデンテラス
住所:山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣23-1
TEL:0235-25-7424
チェックイン:15時30分~
チェックアウト:~10時
料金: ダブルルーム1泊2食付き 1万3430円~

●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください