東京の“おいしい”進化が止まらない!新グルメスポット3選

東京の“おいしい”進化が止まらない!新グルメスポット3選

食・グルメ カフェ スイーツ 手土産 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

フードホールや◯◯横丁など、個性的でユニークなレストランなどが集まる新しいグルメスポットが急増中!そこで、この1年に東京にオープンした今話題の施設やお店に潜入し、そのお店ならではの魅力をレポートします。

Summary

レアなお店や食材に出合えるフードホール「キムチ,ドリアン,カルダモン,,,」

2021年3月、JR新大久保駅直結という好立地に“食の実験場”ともいえる新スポットが誕生しました。

韓国料理のイメージが強い新大久保ですが、実は、それ以外にも多数の国の食文化が入り混じる食の宝庫ともいえるエリア。そんな場所で新しい食文化を創造していく拠点としてつくられたのが、この「キムチ,ドリアン,カルダモン,,,」なんです!

食の未知の可能性を込めてつけられたという施設名称は、本来「Kimchi,Durian,Cardamom,,,(キムチ,ドリアン,カルダモン,,,)」の先に全部でなんと99の食材が並び、最後に「,,,encounters with new food culture」と締めくくられる長い呪文のような言葉!

3階にはポップアップの飲食店が立ち並ぶフードホール、4階には商品開発等ができるファクトリーキッチン&コワーキングスペースがあり、日々、人と人・お店とお店が交わり合い新たな食への取り組みが生まれています。

フードホールは、2週間~1カ月で店舗が入れ替わります。各地で人気のお店やSNSで話題のお店はもちろん、普段は店舗を出していないレアなお店と一度に出合える貴重な空間です。今回は、そんなフードホールから2店舗をご紹介します!

各地の果実を贅沢に使った絶品ジャムを食べ比べ「fam」

通常は全国に流通せず地元だけで消費されているおいしいものを伝えるため、期間限定で立ち上げた「fam(ファム)」。思いを込めて作られた各地の青果を贅沢に使ったおいしいジャムがイチオシです。

(写真・左)「ジャム3種食べ比べセット/ドリンク付」1000円、(写真・右、上から時計周りに)「さやか農園のリンゴジャム」「菊地カヨ子さんのビオレ・ソリエスジャム」「さやか農園のル・レクチェジャム」
(写真・左)「ジャム3種食べ比べセット/ドリンク付」1000円、(写真・右、上から時計周りに)「さやか農園のリンゴジャム」「菊地カヨ子さんのビオレ・ソリエスジャム」「さやか農園のル・レクチェジャム」

一番人気は、会津のスコーン専門店「SATURDAY BREAKFAST CLUB(サタデーブレックファーストクラブ)」の会津山塩スコーンに、3種類のジャムをつけながら食べ比べができるお得なメニュー。

あたたかいスコーンは外側がサクサクしていて、山塩の適度な塩気がジャムの甘さを引き立てます。ジャムは、佐渡島の直売所「よらんか舎(よらんかや)」のものをチョイス。

“幻の西洋なし”と呼ばれ芳醇な香りが特徴の「ル・レクチェ」に、完熟した「ふじ」を使用したさわやかな味わいの「リンゴ」、希少な黒いイチジクの果実感をゴロっと残した「ビオレ・ソリエス」。果実本来の味を生かしているから、甘みや食感がまったく違ってそれぞれとてもおいしい!

セットドリンクには天然炭酸水がおすすめ。県外にはほとんど流通しない新潟県産イチゴ・越後姫の濃厚な甘さとローズマリーのさわやかな香りが絶妙なシロップを、会津の天然炭酸水で割ったドリンクです。軟水の炭酸水ならではのやわらかな口当たりが特徴。

この季節ならではのかき氷も見逃せません!新潟発のサステナブルなフードプロジェクト「rucoto(ルコト)」を運営する、元「KIHACHI(キハチ)」のパティシエが監修した本格的な一品です。

氷は、シャリっと感を残しつつ口に入れるとふわっと溶ける絶妙な塩梅。そこに、濃厚な梅のジュレソース・果肉感がしっかり残った梅ジャム・やわらかく煮詰められ甘みとほんのり苦味を感じる梅果肉をオン。3種類の梅を楽しめる、大人のかき氷です。

トッピングだけでなく中にもソースやジャムが入っているうえ、シロップをとろっとジュレ状にしているから、最後まで水っぽくならずおいしく食べられるのもうれしい!

そのほかにも、新潟で作られる雪国紅茶や西会津の焙煎所のコーヒーなど、普段は味わえない逸品が目白押しです!

健康的でクセになるおいしさ!ぬかスイーツ専門店「ITTEN」

初の店舗出店となる、ぬかスイーツの専門店「ITTEN(イッテン)」。愛知県・豊田でつくられるお米の生産過程で出る米ぬかからスイーツを作り発信することで、サステナブルな地域貢献を目指すお店です。

ぬかは、食物繊維と乳酸菌を多く含んでいて腸内環境を整えてくれるうえ、ビタミンB群が豊富で代謝アップにも効果が期待できます。しかも「ITTEN」のスイーツは、豊田の一部地域でしか栽培されていない幻のお米「ミネアサヒ」のみを使用したグルテンフリー。

砂糖もミネラルを多く含むきび糖など、栄養のあるもののみを使用しているから体にやさしい!パーソナルトレーナーとしての経歴もあるパティシエが、体にも気を使って作った健康スイーツなんです。

「MUCU3種食べ比べセット(飲み物付き)」1320円
「MUCU3種食べ比べセット(飲み物付き)」1320円

チーズケーキにぬかを混ぜ込んでつくった「MUCU(ムク)」。3種の違いは、混ぜ込んでいるぬかの分量です。

ぬかが少なめの「No.1」(写真・手前)は「デンマークのブランドチーズBUKO(ブコ)」を使用した濃厚なチーズケーキに、ぬかの塩気をふわっとプラス!ぬか特有のクセが全くなくて驚きです。

ぬかの配合量が少し増える「No.2」(写真・中央)は、さらに塩気がアップ。それに合わせてナッツが入っていて、ザクザクとした食感が楽しい一品。一方、ぬかが多めに入っている「No.3」は、ぬか・チーズの発酵した香りとレーズンが相まって超濃厚な味わいです。

「No.2」にははちみつと塩を、「No.3」にはオリーブオイルとブラックペッパーを合わせれば、おしゃれな絶品おつまみに変身!

「月見とろろとぬか漬けの健康定食(ぬかチーズケーキ付き)」1650円
「月見とろろとぬか漬けの健康定食(ぬかチーズケーキ付き)」1650円

体にしみわたる健康定食もおすすめ!ぬか漬け・玄米・味噌汁と、豊田で採れた自然薯の月見とろろがセットになっていて大満足の内容です。

ぬか漬けは夏野菜にこだわったラインナップで、きゅうりやなす、大根などの定番から、ブロッコリーやパプリカなどなかなか見かけないものまでずらり!ぬか自体のクセが強くなく、適度な塩気で野菜の甘みが引き出されていてごはんが進みます。

ダイエット中の人や健康に気を使っている人も、気兼ねなく甘いものが食べられるおすすめのお店です。

定期的に店舗が入れ替わるから、何度訪れても楽しめる「キムチ,ドリアン,カルダモン,,,」。


■Kimchi,Durian,Cardamom,,,(きむち,どりあん,かるだもん,,,)
住所:東京都新宿区百人町1丁目10−15  JR新大久保駅ビル3・4F
TEL:003-6908-8055(3Fフードホール)
営業時間:11~20時(3Fフードホール)
定休日:3Fフードホール 月・火曜 ※8月以降は月曜のみ
           4Fコワーキングスペース なし※ライトプラン会員、ドロップイン利用は平日のみ利用可

・fam(ふぁむ):~2021年7月31日(土)まで出店中
・ITTEN(いってん):~2021年7月31日(土)まで出店中

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください