お茶好き必見!日本茶づくしのアフタヌーンティープレートが夏限定で登場!気になる中身を実食レポート

お茶好き必見!日本茶づくしのアフタヌーンティープレートが夏限定で登場!気になる中身を実食レポート

食・グルメ 抹茶 日本茶 ほうじ茶 アフタヌーンティー パフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

御茶ノ水の「レストラン 1899 お茶の水」では、2021年8月31日(火)まで、“お茶スイーツ”の新作2品が登場!抹茶やほうじ茶などの日本茶づくしの「アフタヌーンティープレート」と、夏らしさ感じる白桃とほうじ茶を合わせたパフェがいただけるんです。抹茶好き編集部員おのほのが、お茶のおいしさを堪能できる限定メニューを実食してきました。お茶の新たな魅力に触れることのできる大満足のプレート。珍しい食材とお茶との掛け合わせに、最初から最後までわくわくすること間違いなしです!

Summary


夏の新作!17層の「桃とほうじ茶の夏色パフェ」

もうひとつの夏の新作メニューが、白桃とほうじ茶をベースに17層の素材を重ねた「桃とほうじ茶の夏色パフェ」1700円。まずはトップの白桃とジャージー牛乳アイスをいただきます。白桃はやさしい甘さでとてもジューシー。牛乳アイスのミルキーな甘さを引き立てます。

食べ進めると、「ほうじ茶アイスクリーム」と「ピーチティージュレ」がお目見え。アイスはほうじ茶の苦味とコクが感じられ、桃のさわやかさとよく合います。

パフェは取り分け用のお皿も用意されています
パフェは取り分け用のお皿も用意されています

その下からは、抹茶あられ、おこし、酒茶ケーキなど、食感の楽しい食材が続々と登場!特にこのローストされた酒茶ケーキが、香ばしさもありつつさくっふわっとした食感で、とてもおいしい!

中にはあんこや白玉などの、和パフェには欠かせない食材も!この白玉がもちもちふわふわでとても柔らかいんです。

少し食べ進めたら、途中で別添えのベリーソースをかけて味変を。一番下にある「自家製ほうじ茶プリン」は甘さ控えめなので、ベリーソースの酸味と合わせて食べたり、甘みのあるあんこと一緒に食べたりするのもおすすめです。

また、今回はほうじ茶パフェに合わせて「ほうじ茶ソーダ」500円を注文。いただいた「河内晩柑コンフィチュール」入りのほうじ茶ソーダは、2021年9月30日(木)まで開催中の「夏のお茶フェア」限定で登場しているドリンクです。ほうじ茶の香ばしさが鼻に抜け、甘さよりもほろ苦さが感じられるドリンク。下に沈んだ河内晩柑の甘みと酸味、ソーダのさっぱりした味が暑い夏にもぴったりです!口をさわやかにしてくれるので、甘いデザートと一緒にいただくのにとてもおすすめですよ。

夏の新作メニュー、提供期間はいつまで?

夏の新作メニューの提供は、どちらも2021年8月31日(火)まで。提供時間はカフェタイムの14時〜16時30分です。(感染症対策のため、当面の間カフェタイムの席の利用は1時間30分)

お茶好きには大満足間違いなしの夏の限定メニュー。アフタヌーンティーは高いイメージがありますが、スイーツにセイボリーに大満足のプレートを2000円以下で楽しめるのはうれしいですよね。お店にはテラス席もあるので、晴れた日には密を避けて外で楽しむのもおすすめです。日本茶レストランが提供する“お茶スイーツ”をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

■RESTAURANT 1899 OHANOMIZU
住所:東京都千代田区神田駿河台3−4(ホテル龍名館お茶の水本店 1F)
TEL:03−3251-1150
営業時間:ランチ11〜14時、カフェ14時〜16時30分、ディナー17時30分〜22時 ※現在ディナーのみ休業、営業時間の変更の際はHPにてお知らせ


text&photo:小野穂乃佳(おのほの)


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください