ぬくもりいっぱい。駒沢「mano cafe」の”お花のソーダ”で日頃の疲れのリフレッシュ!

ぬくもりいっぱい。駒沢「mano cafe」の”お花のソーダ”で日頃の疲れのリフレッシュ!

カフェ ランチ デザート スイーツ お花 ソーダ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

カフェに行ったらおいしい食事を楽しむのはもちろん、日常とは違った空間に身を置き、ゆっくりしたいですよね。そんな願いをとことん叶えてくれるのが「mano cafe(マノ カフェ)」。手作りにこだわったフード、デザートのほか、広々とした店内で心地よい時間を堪能できちゃうカフェなんです。

Summary

都会の喧騒を忘れさせてくれる落ち着いた空間

駒沢大学駅から徒歩約20分。駒沢オリンピック公園を過ぎ、しばらく歩くと、窓が大きく開放的なお店が目に入ってきます。そちらが「mano cafe」です。

「mano」とは「手」という意味で、お店は「手作り」がキーワード。内装も、内装業を営むオーナーの手づくりだそうで、コンクリートと木が組合わせられた、シンプルで落ち着いた空間が広がっています。

ぬくもりを感じる木製のテーブルとイスは、ゆったりと配置されているので、のんびりと過ごせそうです。

天井には高さがあり、開放感抜群!温かみのある照明も落ち着けるポイント。

大きな窓からは外の光がたっぷり降り注ぎます。気持ちまで明るくなりそう♪

また食べたくなる!大人気ランチと見た目もかわいいドリンク、デザート

「ひき肉のカレー 季節の野菜を添えて(グリーンサラダ付き)」 950円
「ひき肉のカレー 季節の野菜を添えて(グリーンサラダ付き)」 950円

毎日ランチメニュー3種類、デザートメニュー5、6種類が展開されています。

今回は創業時から人気で、年間を通して楽しめるカレーランチ「ひき肉のカレー 季節の野菜を添えて」をいただきました。

数種類のスパイスを使って仕上げられているというオリジナルのカレー。素揚げした季節の野菜が彩りを添えています。

ひと口ほおばると、ひき肉のコクがカレーの味と相まってマイルドな印象。でも後からピリリとやってくる辛みがいい感じで、くせになりそう。「何度来ても食べたくなるような味を目指した」というのにも納得です。

「お花のソーダ」 600円
「お花のソーダ」 600円

そして、お店イチオシのドリンク「お花のソーダ」。

「見た目にも楽しんでほしい」と考えられたそうで、エルダーフラワーのシロップが入ったソーダに、食用の花『エディブルフラワー』が閉じ込められた氷が浮かんで、なんともかわいらしい!

お花は春から夏にかけてはビオラやパンジーナデシコ、夏から秋にかけてはトレニアを中心に入荷するとのこと。グラスに添えられたレモンの黄色と氷のお花の色のバランスがきれいで、女子心に刺さりまくるビジュアルです。

飲んでみると、エルダーフラワーのシロップはマスカットのようなさわやかな甘さ。ソーダのしゅわしゅわと相まって、すっきりとした味わいです。氷からはお花の芳醇な香りが感じられて、優雅な気分にもなれました。

「レモンのパフェ」 800円
「レモンのパフェ」 800円

こちらは季節によって内容が変わる、かわいらしさ満点の「季節のパフェ」。取材時は「レモンのパフェ」(800円)が提供されていました(価格は季節によって変動あり。「レモンのパフェ」は9月中旬ごろまでの予定)。

レモンとヨーグルトアイスのさっぱりとした組み合わせ。自家製のレモンカード、レモンピール、パイチップ、タイム入りのキャンディーなどで層を作り、見た目と食感にアクセントがつけられています。

トップに乗せられたレモンを潰しながら食べるのがおすすめです。

生活を豊かにするヒントに。シンプルな雑貨や珍しい調味料

店内には雑貨販売スペースも。カフェで実際に使用されている食器のほか、作家さんの作品や関東近県では扱われていることの少ない地方の調味料などが並びます。

どれも飽きの来ないシンプルなデザインや、素材にこだわりのあるもので、自分用にはもちろん、プレゼントにしても喜ばれそうなアイテムが揃っています。カフェに寄ったついでに、見ているだけでも生活が豊かになるようなヒントをゲットできそう。

「宗紀マスタード」 1620円~
「宗紀マスタード」 1620円~

一度食べるとクセになる、香川県高松市から届くこだわりのマスタードです。オーガニックビネガーや小豆島の塩、香川県産のはちみつなど厳選された素材で作られています。

「わざわざの残糸ソックス」2足1組1100円
「わざわざの残糸ソックス」2足1組1100円

こちらは残糸で編まれた靴下。残糸が出たら編まれるので、毎回違う色の組み合わせに出合えます。

「ミニバッグ」 各3190円、「ハンカチ」 各2200円
「ミニバッグ」 各3190円、「ハンカチ」 各2200円

東京都在住のotsukiyumiさんの作品。身近な自然などをモチーフに描かれた独自のタッチが魅力です。

広々とした空間でおいしい食事を楽しみ、丁寧に作られたものたちを見て、すっかりリフレッシュ。

駅から少し遠い分、ウォーキングや公園で運動した後に立ち寄るのもいいかも。心にも体にもいい時間を過ごしましょう♪

■mano cafe(まのかふぇ)
住所:東京都世田谷区深沢4-35-5セイジョービル深沢不動1F
TEL:03-6658-5863
営業時間:11〜18時(17時LO)
定休日:無休

Text・Photo:長沢里織

まだある関連記事はこちら!

●名古屋・京都で人気の喫茶店が東京にオープン!【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.31】
●世田谷みやげに認定!三軒茶屋の瓶詰めチーズケーキはかわいさとおいしさもIN!
●世田谷・経堂に「くろねこドーナツ」がオープンしたニャー!王道から個性派まで幅広いラインナップをパクッ

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください