歴史的風情と美しい庭園に囲まれた「ホテル椿山荘東京」

歴史的風情と美しい庭園に囲まれた「ホテル椿山荘東京」

東京都 泊まる ホテル るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

森のような庭園にたたずむ「ホテル椿山荘東京」。緑豊かな自然と静けさに包まれていると、東京にいることを忘れてしまいます。都内でも有数の広さを誇る客室は、エレガントで落ち着いた雰囲気。窓の外に広がる庭園を眺めながらゆっくりとくつろいでみませんか?

Summary

偉人にゆかりのある老舗ホテル

目白駅からバスで10分ほど、「ホテル椿山荘東京」があるのは、かつて椿が自生し「つばきやま」と呼ばれ、椿の景勝地として親しまれていた場所です。明治11(1878)年には、軍人・政治家の山縣有朋が庭園と邸宅を構え、「椿山荘」と名付けました。

戦後、庭園を受け継いだガーデンレストランとしての営業を経て、平成25(2013)年に「ホテル椿山荘東京」としてリブランドオープンしました。

館内に入るとヨーロピアンとオリエンタルが融合した上品な空間が広がります。緑も多く東京にいながらリゾート気分も感じられますね。ロビーには美しく豪華な装花が。季節に合わせて1週間ごとにコンセプトを替えて飾っています。春には桜、クリスマス時期には大きなクリスマスツリーや街のジオラマなども楽しめるそうです。

取材時の装花のコンセプトは「涼風」。中央の枝ものはドウダンツツジ。スラリと伸びたオクラレウカやブルーの花で、さわやかな風が通り抜ける涼しげな夏を演出しています。

季節の移ろいを感じられる庭園

大正14(1925)年、広島県賀茂郡の篁山竹林寺から移築された三重塔「圓通閣」。瓢箪型の幽翠池は山縣有朋の庭園造営当初からある
大正14(1925)年、広島県賀茂郡の篁山竹林寺から移築された三重塔「圓通閣」。瓢箪型の幽翠池は山縣有朋の庭園造営当初からある

5万㎡ある庭園は、山縣の出身地である萩の地形を再現したもの。都心とは思えないほど自然豊かで、春は桜、初夏はホタル、秋は紅葉、冬は雪景色、そして、冬から春にかけては椿など、四季折々の姿を見ることができます。

庭園の様式は、林泉回遊式庭園。広い芝生地や池、築山、曲水、樹林地と移り変わる景色を眺めて一回りすると、一巻の絵巻物を見て終わるという趣向の庭園です。庭園のいたるところに、国の有形文化財である三重塔をはじめとする史跡など、見どころも多くあるので、一つ一つ巡りながら散策をしてみましょう。

江戸時代中期の画家・伊藤若冲の下絵による「五百羅漢」。京都府伏見の石峰寺に置かれていたと伝えられるもののうち約20体が置かれています。

満面の笑みをたたえる恵比寿様は、商売繁盛や豊漁をもたらす神。庭園内には七福神が置かれているので、七福神巡りをしてみてはいかが? コンシェルジュが庭園の歴史や楽しみ方を案内する、宿泊ゲスト限定の「ガーデンツアー」もあるのでぜひ参加してみてください(平日10時30分~11時開催、無料、3日前までに要予約)。

ガーデンビュー&シティビューを楽しんで

プライムスーペリア クラシック シティビュー
プライムスーペリア クラシック シティビュー
プライムスーペリア モダン ガーデンビュー
プライムスーペリア モダン ガーデンビュー

全267室あるうち198室ともっとも多い客室が、45㎡とゆったりした「プライムスーペリア」。インテリアは、花柄のカーテンやヨーロピアンクラシックの家具が配置された「プライムクラシック」、シンプルなカーテンのスタイリッシュな家具が配置された「プライムモダン」の2つのデザインがあり、それぞれ庭園を見渡せるガーデンビュー、東京の街並みを眺められるシティビューから選べます。

バスルームは、シャワー、バス、トイレが独立した広々サイズ。大理石を用いているので優雅な気分になれそうです。ポータブルテレビもあるので、テレビを見ながらお湯に浸かってゆっくりとバスタイムを過ごせますよ。

バスアメニティは、「ロクシタン」のシトラスヴァーベナ。さわやかな香りは心身ともにリフレッシュできると人気です。全室にコーセーのクレンジング、洗顔料、化粧水、乳液が用意されているのも女性にはうれしいおもてなしですね。

美しい庭園とともに絶品料理を

「高糖度トマトと雲丹のタリオリーニ」3300円(サービス料別)
「高糖度トマトと雲丹のタリオリーニ」3300円(サービス料別)

館内には、レストラン、ラウンジ、バーなど、9つの飲食施設があり、なかには、大きな窓から庭園を眺めることができるお店もあります。

メインダイニングはイタリアンの「イル・テアトロ」。ヴェネツィアングラスのシャンデリアがエレガントな雰囲気を演出する店内で、旬の食材を使ったイタリア料理をいただけます。

ロビーフロアにある「ル・ジャルダン」は、ラウンジ。グリーンのカーペットやソファなど、窓の外の庭園との一体感を感じながら、午後はアフタヌーンティーを楽しみ、夜はバーとして利用できます。

「L’ABEILLE ラベイユ ハニーアフタヌーンティー」4950円(一人あたり、サービス料別)
「L’ABEILLE ラベイユ ハニーアフタヌーンティー」4950円(一人あたり、サービス料別)

1990年代、都内のホテルで初めて本格的なアフタヌーンティーを始めたといわれている「ル・ジャルダン」。3段のスタンドにスイーツ、セイボリー、スコーンをのせた英国の伝統スタイル。旬の素材を使い、定期的にテーマが替わるので、季節ごとの味を堪能することができますよ。

8・9月は、はちみつ専門店「L'ABEILLE ラベイユ」とコラボレーションした「L’ABEILLE ラベイユ ハニーアフタヌーンティー」。レモンゼリー、ムース、チーズタルトなどのスイーツからスコーンまで、初夏の花の東京はちみつをたっぷり使った内容になっています。

「マロンアフタヌーンティー」4980円(一人あたり、サービス料別)
「マロンアフタヌーンティー」4980円(一人あたり、サービス料別)

10・11月は、「マロンアフタヌーンティー」。グラスモンブラン、栗のバターサンドクッキー、マロンケーキ、栗とドライプルーンのスコーン、トリュフのコロッケ いが栗見立て……と、スイーツからスコーン、セイボリーまでマロンづくしです。

都心にありながら非日常空間を楽しめる「ホテル椿山荘東京」では、宿泊はもちろん、館内施設を利用するだけでも旅気分を味わえます。季節ごとに異なる美しさを見せる自然とともに贅沢な時間を過ごしてくださいね。


■ホテル椿山荘東京
住所:東京都文京区関口2-10-8
TEL:03-3943-1111
チェックイン時間:15時~
チェックアウト時間:~12時
料金(正規料金):シティビュー1室あたり5万8300円(サービス料別)、ガーデンビュー1室あたり6万6000円(サービス料別)
アクセス:目白駅からバスで約10分、江戸川橋駅1a出口から徒歩約10分、池袋駅西口からシャトルバスで約20分(土・日曜、祝日運行)

■イル・テアトロ
営業時間:朝食6時30分~10時30分LO、ランチ12時~14時30分LO、ディナー17時30分~23時(21時LO、コースは20時30分LO)
※8月18日現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ディナーは17~20時(18時30分LO、コースは18時LO)にて短縮営業しております。緊急事態宣言の発出状況等により営業時間は随時変更となる可能性がございますので、最新情報をお問い合わせください。

■ル・ジャルダン
営業時間:10~22時(21時LO、フードメニューは20時30分LO)
※8月18日現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、11~20時(19時30分LO、セットメニューは18時30分LO)にて短縮営業しております。緊急事態宣言の発出状況等により営業時間は随時変更となる可能性がございますので、最新情報をお問い合わせください。



Text:河部紀子(editorial team Flone)
Photo:田尻陽子
※写真の一部はホテル椿山荘東京

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください