代々木公園で話題の「ホルン」で、洗練された生ケーキと焼きたてパンを堪能♪

代々木公園で話題の「ホルン」で、洗練された生ケーキと焼きたてパンを堪能♪

スイーツ カフェ 焼き菓子 パン ショートケーキ バスクチーズケーキ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

代々木公園駅または代々木八幡駅から徒歩4分、近年大注目の “奥渋谷”エリアに2021年4月にオープンした「ホルン」。センス抜群のおしゃれな店内、繊細なビジュアルのケーキにこだわりのパン、豊富な焼き菓子など、SNS等で話題のパティスリー&ブーランジェリー「ホルン」の魅力をたっぷりご紹介します。

Summary

“奥渋谷”エリアの人気店の姉妹店!焼きたてパンの香りに誘われて

閑静な住宅街の路地に凛とたたずむ「ホルン」は、近年大注目の “奥渋谷”エリアを中心に出店している松濤のビストロ「aruru(アルル)」や「urura(ウルラ)」、富ヶ谷のカフェ「mimet(ミメ)」、ベトナム料理店「ヨヨナム」などの話題店の系列店。

それらの店舗で人気のパンやケーキも購入できるとあって、最近話題のパティスリーなんです。

1階にはショップと厨房、地下にはイートインできるカフェスペースが設けられています。

店内に足を踏み入れると、目に飛び込んでくるのはショーケースにきちんと並べられたパンたち。

なお、パンの焼き上がり時間は種類によっても日によっても異なるので、お目当てのパンがある人は店外の掲示を要チェック!

(写真左上段から)「クロッカン」350円、「スコーン」250円、「ブリオッシュ」420円、「フォカッチャ」400円、「国産 枝豆パン」280円(写真右)「食パン」一斤 450円
(写真左上段から)「クロッカン」350円、「スコーン」250円、「ブリオッシュ」420円、「フォカッチャ」400円、「国産 枝豆パン」280円(写真右)「食パン」一斤 450円

パンはハード系リッチ系を問わずどれも人気だそうですが、特に国産小麦を使用した「食パン」は、店頭に並ぶとすぐに売り切れてしまうこともあるほど大人気なんだとか。焼き上がり時間をしっかりと確認して、ぜひゲットしたいですね。
 

センスが光る店内には、店名のモチーフであるホルンも!

また、常時12〜15種類ほど並ぶというかわいらしい焼き菓子にも目を奪われます。

(左から)「ディアマンバニーユ」300円、「ディアマンショコラ」350円、「ディアマンノワゼット」350円
(左から)「ディアマンバニーユ」300円、「ディアマンショコラ」350円、「ディアマンノワゼット」350円
(奥から)「焼き菓子の詰め合わせ」(ギフト箱、ラッピング込)2700円、「ガレットブルトンヌ」350円、「ディグモグコーヒー ホルンブレンド」200円、「ブールドネージュ」350円
(奥から)「焼き菓子の詰め合わせ」(ギフト箱、ラッピング込)2700円、「ガレットブルトンヌ」350円、「ディグモグコーヒー ホルンブレンド」200円、「ブールドネージュ」350円

焼き菓子は単品はもちろん、焼き菓子8種、または焼き菓子6種+コーヒー3個を詰め合わせたギフト箱もあるのでプレゼントにもぴったり◎。

「ディグモグコーヒー ホルンブレンド」は、地下のカフェスペースでもいただける新潟県上越市の自家焙煎珈琲「ディグモグコーヒー」の豆を使用したコーヒーバッグで、かわいいイラストも相まってよろこばれること間違いなし♪

定番スイーツから季節限定ケーキ、クレープまで。乙女心をくすぐるラインナップ

パンのショーケースの隣にはケーキのショーケースが。

「シュークリーム」(400円)や「クレームブリュレ」(450円)、「ミルフィーユ」(500円)などの定番スイーツはもちろん、レモンの酸味と軽やかな甘さが人気の「ムースフロマージュ」(500円)など、シンプルながらも美しいケーキが並ぶさまに、ひたすらテンションが上がります。

季節ごとに使用されるフルーツが変わる「ショートケーキ」は、ホールケーキ(※4、5、6号サイズあり)をオンラインサイトで事前予約して店頭で受け取れるため(※予約は3日前まで)、誕生日や記念日などにもおすすめです。

(左から)「バスクチーズケーキ 5号」3900円、「バスクチーズケーキ」500円
(左から)「バスクチーズケーキ 5号」3900円、「バスクチーズケーキ」500円

「バスクチーズケーキ 5号」は店頭でも購入できますが、オンラインで事前予約もできるうえ、その場合は店頭受け取り以外に全国発送も選べるのがうれしい♪

また、ショップの奥には厨房があり、職人さんの丁寧な仕事ぶりが観察できちゃいます。

実はこの場所で、注文してから目の前で焼いてくれるクレープも販売されているのですが、提供時間は14時からとのことでこの日は出合えず…。

日々行列が絶えないほど人気だというクレープは、カルピスバター+砂糖のシンプルな「Beurre Sucre(500円)」と、カルピスバター+砂糖+レモンの「Citron(550円)」の2種類があり、テイクアウトはもちろんイートインでもいただけるとのことなので、次回はぜひリベンジしたいところ。

地下のカフェスペースでまったり癒されタイム&テイクアウトしたパンも堪能♪

ワンドリンクをオーダーすれば、地下のカフェスペースが利用できます。
セルフサービスなので、オーダーしたものをカウンターで受け取って、いざ地下へ。

階段を降りると、そこには別世界のような空間が!

淡く差し込む自然光と間接照明のほの暗さ加減が絶妙で、とても落ち着きます。

部屋の真ん中にはホルン。ほんのり光るバケットをかたどったライトも雰囲気があっておしゃれ。
ソファ席もあるので、ゆったりまったりくつろげそう。

(左から)「フルーツのロールケーキ」500円、「セイロンティー」450円
(左から)「フルーツのロールケーキ」500円、「セイロンティー」450円

まずは“萌え断”「フルーツのロールケーキ」をいただきます♪

入荷状況によって毎日異なるフルーツが5種類ほど入っているという「フルーツのロールケーキ」は、軽やかなのにしっとりとした生地と、大きめにカットしてあるフルーツの食感が楽しいロールケーキ。フルーツの甘みをしっかりと感じられるよう、クリームの甘さはあえて控えめにしているんだとか。

この日に入っていたオレンジやマンゴーなどのフルーツはどれもみずみずしい甘さで大満足でしたが、特にシャインマスカットとクリームの相性が抜群で感動!

「バスクチーズケーキ」500円
「バスクチーズケーキ」500円

系列店のビストロやカフェで昨年から話題となっていた「バスクチーズケーキ」は、良質な材料を贅沢に使用してしっかりと焼き込んだベイクドチーズケーキ。濃厚ながら、シンプルで飽きの来ない味わいになるようこだわって仕上げているそう。

口に入れるとしっかりとしたチーズの風味が広がり、けれど決してしつこくなく、その程よいチーズ感と口どけにうっとり。

温度変化によっても違った食感で楽しめるそうなので、テイクアウトして、オーブンやレンジで温め直してみるのもいいかも♪

(左から)「クロワッサン」300円、「国産 枝豆パン」280円
(左から)「クロワッサン」300円、「国産 枝豆パン」280円

そして今回テイクアウトにチョイスしたのは「クロワッサン」と「国産 枝豆パン」。

「クロワッサン」はリベイクすると食感が戻るとのことだったので、トースターで焼き直してみたところこれが大正解!サクッと軽やかな食感ながらボリュームもしっかりとあり、思いのほか食べ応えもあって大満足♪

「国産 枝豆パン」も温め直し推奨とのことで、レンジでちょっとだけ温めてみたところ、もちっとした生地とたっぷり入った枝豆のプチプチ食感が口の中でうれしいマリアージュ。

売り切れ必至の「食パン」と同じ国産の小麦粉を使用しているそうで、パン生地そのもののおいしさにも納得です。

注目の “奥渋谷”エリアでこれからさらに話題となりそうなパティスリー&ブーランジェリー「ホルン」。

季節ごとに変わる旬のフルーツを使用したケーキや、新作のパンも楽しみです。ぜひ訪れてみてくださいね。

■ホルン(ほるん)
住所:東京都渋谷区上原1-2-1-101
TEL:03-6804-8265
営業時間:9〜19時 カフェ 9〜17時
※クレープの提供は14〜18時
定休日:月曜(※祝日の場合は営業)

Text・Photo:小山亮子(vivace)

まだある関連記事はこちら!

●原宿「The Little BAKERY Tokyo」がベーカリーカフェとして3月にリニューアル!気になるランチメニューを徹底調査
●AGRO@FORESTRY NATURAL BAKERY CAFEが祐天寺にオープン!パン・コーヒーからカクテルまでメニューも豊富
●もっちもちパンの虜…パンの名店「365日」のシェフが仕掛けるベーカリー&カフェが三軒茶屋に!

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください