深島

ウワサの猫島へ行ってみた♪もふもふ癒され旅を大分・深島で体験♪

大分県 見ているだけで癒される動物たち 癒し るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

大分県の最南端の海に浮かぶ深島。自然いっぱいの小さな島では、約80匹の猫が島民に見守られながらのんびりと暮らしています。かわいい猫たちに囲まれてリフレッシュしたい!そんな人にぴったりの癒しのねこ島旅をご紹介します♪

Summary

約80匹の猫たちが暮らす小さな離島「深島」へ

チャーター船(瀬渡し 蒲江三幸丸)
チャーター船(瀬渡し 蒲江三幸丸)

深島は、大分と宮崎の県境近くにある蒲江の船着場から約30分で到着する離島。釣りのスポットとして知られていますが、近年はたくさんの猫が暮らす「猫島」として注目されています。島へは1日3便の定期船「えばあぐりいん」か、チャーター船(電話:080-5289-2280でぃーぷまりん深島 ※料金・時間は要相談)で向かいます。

 ■定期船「えばあぐりいん」
電話:0972-43-3971(蒲江交通)
時間:蒲江発8時、12時、16時
料金:大人片道710円(往復は1350円、2日間有効)

いよいよ深島に到着!深島は島の周囲約4km、島民15人の小さな島です。そこになんと約80匹の猫がいるそう。島の中央へ向かっていると、さっそく猫たちがやってきました!毛並みがきれいで、人を全く怖がりません。

ベンチの下で微妙な姿で休んでいる猫を発見!写真を撮りまくります。中にはなでなでさせてくれる子もいて、一向に前に進みません(笑)。

3つの猫スポットを巡り、猫と仲良くなろう♪

島内には猫スポットが3カ所あり、すべて深島の船着場から徒歩5分以内で行くことができます。一つ目は「深島みそ工房前」。芝生広場に木製の遊具が置かれ、そこかしこに猫が隠れています。

一瞬猫の姿が見えなくても、建物や遊具の影を探してみてください。猫探しも楽しい!

2つ目は「南のにゃんにゃんロード」へ。深島でいちばん猫の多いスポットです。民家が連なった路地を歩いていると、どこからともなく猫が集まってきて、思わず夢の「猫まみれ」が体験できました!エサを持っていないのに、この距離感はすごい!

島民の方にごあいさつ。猫をかわいがっていらっしゃる様子が伝わってきます。

3つ目は「北のにゃんにゃんロード」。こちらも民家が連なった路地です。個人宅の敷地に入らぬように気を付けて、猫探しを楽しんでください。

島民に聞いた深島猫の魅力&楽しみ方

島にある唯一の食堂・深島食堂や、深島みそ工房などをご夫婦で営む安部あづみさんに、深島猫についてお伺いしました。安部さんは2016年に結婚を機に深島へ移住。猫の全頭去勢手術を行う運動の中心を担い、地域猫への取り組みも発信されています。

深島の猫は片耳がすべてカットされた「さくらねこ」。これは避妊手術をした証です。以前は猫が増え過ぎ病気になる猫も多かったそう。手術後に適度な数になることで元気できれいな猫が増えたそうです。

深島ねこ図鑑1760円
深島ねこ図鑑1760円

猫たちは島の人にとって家族と同じ存在。グループごとに猫をお世話する家が決まっていて、野良猫でも飼い猫でもない「島の猫」です。島民が猫を大事にしていることもあり、人懐っこい温厚な猫が多いとか。一匹ずつに名前がつけられ、深島食堂で販売する「深島ねこ図鑑」では、名前と性格を知ることができますよ。

画像提供:佐伯市観光協会(写真左、右下)
画像提供:佐伯市観光協会(写真左、右下)

安部さん曰く、抱っこが好きな猫、警戒心の強い猫、本当は抱っこしてほしいけど怖がりな猫…猫の性格もさまざま。じっくり接して、個々で異なる性格を楽しんで、とのこと。

おすすめの季節は日に当たりによく出てくる冬。人間の膝の上で暖をとる猫もいるそうで、芝生で猫たちと4時間ひなたぼっこ…という人もいたそうです!

画像提供:佐伯市観光協会(写真右)
画像提供:佐伯市観光協会(写真右)

島ではヤギやニワトリも飼われており、こんなレアなショットが見られることも…。

地魚ランチを食べ、おみやげは名産の味噌を♪

猫と遊んでおなかがすいたら、島で唯一の食事処・深島食堂へ。特等席は、絶景の海に臨むテラス席!

「本日のお魚定食」1000円。旬の地魚を深島みそで味付けし、滋味深い
「本日のお魚定食」1000円。旬の地魚を深島みそで味付けし、滋味深い

定番は、近海の魚を深島みそで味付けた定食です。魚介たっぷりのバーベキュー(2名以上、3000円~)を楽しんだり、カフェ使いすることもできます♪

キュートな「ねこまん」は、豚肉・生姜焼き・鶏皮ゴボウの3種で各200円
キュートな「ねこまん」は、豚肉・生姜焼き・鶏皮ゴボウの3種で各200円

深島食堂にはショップコーナーがあり、「深島みそ」や「猫型クッキー」2~3枚入り250円、猫グッズなどを買うことができます。

「深島みそ」280g540円(写真は690g980円)はおみやげに喜ばれそう♪
「深島みそ」280g540円(写真は690g980円)はおみやげに喜ばれそう♪

イチオシは島伝統の「深島みそ」。麦麹を使った独特の優しい味わいです。通信販売でのお取り寄せもOKです。

(https://fukashima.thebase.in/)

 ■深島食堂(ふかしましょくどう)

住所:大分県佐伯市蒲江蒲江浦3248
電話:080-5289-2280(でぃーぷまりん深島)
時間:10時~16時30分
定休日:不定休
※定食は前日、バーベキューは3日前までの予約制。カフェは予約不要だが、不定休のため電話で事前確認を。
※「でぃーぷまりん深島」では、ほかにも深みそ作り体験、シーカヤック体験、シュノーケリング体験などのアクティビティや、島唯一の宿・しんきやの営業も。予約・問合せはすべて上記の電話番号まで。

非日常の離島で猫と遊び、思いっきりリフレッシュ!

小さな深島は信号や車、コンビニがなく、店はでぃーぷまりん深島が営む店のみ。でも美しい海に囲まれ、かわいい猫たちやその猫を家族のようにかわいがる優しい人々に出会え、心穏やかなひとときを過ごすことができました。耳をカットした「さくらねこ」や保護猫のことなど、知らなかったこともたくさん学んだ旅。皆さんにもぜひおすすめしたい島猫旅です♪

※新型コロナウイルス感染予防対策として、旅行中はマスク着用や手指の消毒など「新しい旅のエチケット」実施をお願いします。また発熱された方や体調の優れない方は旅行をお控えください(特に高齢者が多い離島はご注意ください)

『るるぶ もふ旅 かわいい動物に会いにいく』で、 動物フォトに癒やされながら旅の計画を

本書は、動物が自然に暮らす観光地をはじめ、ふれあい体験充実の観光牧場やアニマルテーマパーク、SNSで話題の動物に会える動物園など全国の動物スポットをまとめて紹介した一冊です。猫をはじめ、うさぎやパンダ、アルパカ、コアラなどのかわいい動物たちとのふれあいが楽しめる、癒やしの「もふ旅」に出かけてみませんか?

model:村上真生(J-MIX MODEL AGENCY)
text:こばやしみもざ
photo:小川康貴

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●この記事は『るるぶ もふ旅 かわいい動物に会いにいく』に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください