• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 「全国旅行支援」徹底解説!予約はいつから?予約済みの場合は?県民割・Go Toトラベルとの違いは?などの疑問を解消!
「全国旅行支援」徹底解説!予約はいつから?予約済みの場合は?県民割・Go Toトラベルとの違いは?などの疑問を解消!

「全国旅行支援」徹底解説!予約はいつから?予約済みの場合は?県民割・Go Toトラベルとの違いは?などの疑問を解消!

Go To トラベル おでかけ NEWS 宿泊 るるぶ&more.編集部 一人旅
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2022年7月前半の開始を目指していた「全国旅行支援」。2022年7月14日、新型コロナ感染症の急拡大を受け、延期が決定しましたが、従来の「県民割」と比べて、宿泊料は最大8,000円を割引、地域共通クーポン券は最大3,000円と、1日1名あたり最大1万1,000円が割り引かれるなど、ますますお得な内容になっています。そんな全国旅行支援について、「Go Toトラベル」や「県民割」との料金比較など、最新情報をご紹介します(※2022年7月15日現在の情報です。キャンペーン内容は今後変更になる場合があります)。

Summary

「全国旅行支援」徹底解説!予約はいつから?予約済みの場合はどうすれば?

全国旅行支援の割引額全国旅行支援の割引額は、平日の交通付旅行がお得!

全国旅行支援

対象都道府県:全国(※ただし、参加を希望しない都道府県が存在する場合、同都道府県を目的地とした旅行は支援対象外となる)
期間:調整中(※最繁忙期は対象外となる)
予約受付方法:未定

割引率:宿泊料金 一律40%
割引額:公共交通機関(鉄道、バス、航空など)付の旅行商品を使用する場合は、1泊1名あたり最大8,000円。そのほか旅行商品では、1泊1名あたり最大5,000円。

地域共通クーポン:1泊1名あたり平日3,000円分、休日1,000円分(飲食店などの登録店で使用可能)
※ワクチン接種済証等、またはPCR検査等の陰性証明書の提示が必要
※支援開始時期などは、情報解禁次第で追記

最もお得なパターンは、公共交通機関での移動を含む平日用の旅行パック。宿泊&地域共通クーポンで、1泊1名あたり最大1万1,000円もお安く旅行ができちゃいます!

Go Toトラベルキャンペーン・県民割(地域ブロック割)との違いは?

対象エリア

Go To トラベルキャンペーン:全国(エリア制限なし)
県民割(地域ブロック割):自身の居住県内や隣接県(限られたエリアでの旅行に適用)
全国旅行支援:全国(エリア制限なし)
※ただし「全国旅行支援」について、参加を希望しない都道府県が存在する場合、同都道府県を目的地とした旅行は支援対象外となる

宿泊料金割引率・割引条件

全国旅行支援:最大8,000円(一律40%)
県民割(地域ブロック割):最大5,000円(最大50%)
Go To トラベルキャンペーン:最大1万円(一律30%)

全国旅行支援:公共交通機関での移動を含む旅行商品/そのほかの旅行のどちらかによって割引額が異なる
県民割(地域ブロック割):公共交通機関での移動を伴う旅行商品かどうかは問わない(一部例外あり)
Go To トラベルキャンペーン:公共交通機関での移動を含む旅行商品/そのほかの旅行のどちらかによって割引額が異なる

地域共通クーポン料金

全国旅行支援:平日3,000円、休日1,000円
県民割(地域ブロック割):2,000円
Go To トラベルキャンペーン:平日3,000円、休日1,000円

合計割引金額

全国旅行支援:平日最大1万1,000円、休日最大9,000円
県民割(地域ブロック割):最大7,000円
Go To トラベルキャンペーン:平日最大1万3,000円、休日最大1万1,000円

各キャンペーンの割引率などを詳細解説

宿泊料金

全国旅行支援を利用して、公共交通機関(鉄道、バス、航空など)での移動を含む旅行商品を選択した場合、最大8,000円が割り引かれます。一方で、Go To トラベルキャンペーンは最大1万円割引と、全国旅行支援に比べて割引額が2,000円ほど多くありました。ただ、県民割(地域ブロック割)の最大5,000円よりも割引額は増えています。

また、公共交通機関での移動を伴わない旅行商品を選択した場合も、全国旅行支援では最大5,000円、Go To トラベルキャンペーンでは最大7,000円割引となるなど、こちらも2,000円の差額が存在しています(県民割/ブロック割は、公共交通期間利用の場合も金額が変わらない)。

地域共通クーポン

全国旅行支援とGo To トラベルキャンペーンのどちらの場合でも、平日 3,000円、休日 1,000円分を配布。県民割で配布されたクーポンは2,000円分でしたので、平日旅行の場合は全国旅行支援が1,000円分お得になります。

全体

宿泊料金の割引率については順に、県民割の最大50%に対して、全国旅行支援は一律40%、Go Toトラベルは一律30%と下がっていきますが、1日1名あたりの総割引額は、全国旅行支援が最大1万1,000円(1泊1名あたり最大8,000円+地域共通クーポン最大3,000円)と、県民割の最大7,000円(1人1泊あたり最大5,000円+地域共通クーポン2,000円)と比べて、4,000円も増えることに。ただ、Go Toトラベルは1泊1名あたり最大1万3,000円が割り引かれるなど、全国旅行支援と比較すると2,000円のアドバンテージを維持しています。

結局、どのキャンペーンが最もお得なの?

ここまでの内容を総括しましょう。上記のとおり、Go To トラベルキャンペーンの割引率が最も大きなことは確か。とはいえ、全国旅行支援の割引内容も、平日で最大1万1,000円が割り引かれるという割引額は大きいだけに、Go Toトラベル再開が見えない今、全国旅行支援もぜひ利用しておきたいところ! 1日も早い事業開始が待たれますが、実施日程などの詳細がわかり次第、こちらの記事も随時更新していきます。


全国旅行支援が始まるまでは県民割でお得に旅行を!

県民割(地域ブロック割)と全国旅行支援 割引額
全国旅行支援より4,000円少ないけれど、県民割の割引額7,000円という金額は大きい!

開始時期などの詳細が未定となっている全国旅行支援。同キャンペーンの開始までは、実施中の県民割(地域ブロック割)を利用して、お得に旅を楽しんじゃいましょう!

県民割(地域ブロック割) 

期間:2022年4月1日~8月31日の宿泊分まで(※各都道府県により期間が異なる場合あり)
割引内容:1泊1名あたり最大7,000円相当を支援(宿泊 最大5,000円/割引率 最大50%)、地域共通クーポン 2,000円)
予約:2022年3月25日以降、各都道府県が順次受付

県民割は、ほとんどの都道府県で実施期間が8月31日までに。そのほか、東京都「もっとTokyo」、京都府の「きょうと魅力再発見旅プロジェクト」、島根県「#WeLove山陰キャンペーン」は2022年7月31日の宿泊分まで、奈良県「いまなら。キャンペーン2022プラス」は2023年2月28日の宿泊分までと、そのほかにも見逃せないキャンペーンが並走しています(※東京都の割引額は最大5,000円で18歳以下はさらに1,000円上乗せ割引、奈良県の交通付旅行商品の割引額は最大8,000円割など、一部エリアによって条件付きで割引額が異なる場合もあり)。こちらもあわせてチェックを忘れずに!


※掲載内容は2022年7月15日現在の情報です。キャンペーン詳細などは今後、変更になる場合があります。
※旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください