厳選!京都女子会におすすめのレストラン5選

厳選!京都女子会におすすめのレストラン5選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 食・グルメ 納涼床 フレンチ イタリアン 居酒屋
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

おいしさはもちろん、素敵な空間のお店が多い京都。「友達みんなで楽しくご飯を食べたいけど、お店が多くて選べない…」という声にお応えして、今回は女子会にぴったりなお店をご紹介します。どこも雰囲気がよくて、女性が好みそうなメニューがあり、どこか京都らしい落ち着き感が感じられるお店ばかり。9月末まで川床をオープンしているお店もあるので、暑さも一息ついた9月こそ狙って行くのもアリですよ。

Summary

※川床の場合は、別途川床席料がかかる場合がございます。また川床の営業は5~9月で、6~8月はディナーのみ(16~23時内)。5・9月はディナーに加え、店によってはランチの営業もあります。事前にご確認ください。


1.【フレンチ】木屋町のLE UN 鮒鶴京都鴨川リゾート

お店に入る前からその荘厳な建物に少しドキドキ♪来店してから席に着く時間までも楽しめるのがこちら。明治3年(1872)創業の老舗旅館「鮒鶴」をリノベーションしたフレンチレストランで、登録有形文化財にも指定された五層楼閣は思わず圧倒されるほど。室内が素敵なのはもちろんですが、川床からだと、明かりが灯る木造の建物を外から眺められるという、また違った楽しみ方ができます。

料理は京都の食材を使った“京フレンチ”。夏なら鱧や鮎といった旬の食材を使った料理を、手間と時間をかけて作るソースやスープと合わせて提供します。2019年9月末までの川床なら、スズキのソテーやイベリコ豚のグリルなど、メインデッシュがダブルで付くディナーコース8500円(税・サ別)がお得です。

■LE UN 鮒鶴京都鴨川リゾート(ル アン フナツルキョウトカモガワリゾート)
住所:京都市下京区木屋町通松原上ル
LE UN 鮒鶴京都鴨川リゾート美濃屋町180
電話:075-351-8541
営業時間:11時30分~15時30分(14時LO)、17時30分~22時(21時LO) ※5~9月の川床は17時30分~23時(21時LO)
定休日:火曜(川床営業時は火曜も営業)


2.【イタリアン】木屋町の京都鴨川倶楽部

四条通りから高瀬川沿いに木屋町通を下がると、細長い石畳のアプローチ。その奥には、本場のイタリアンを数寄屋造りの和の空間で味わえる町家レストランがひっそりと佇んでいます。9月までは、鴨川からの風や川音が心地よく開放的な川床がおすすめです。

メニューは「鴨川納涼床!季節の限定コース」1万450円がイチオシです。前菜に肉・魚料理、パスタ、デザート、ドリンクが付き、どれもハッとするほど華やか。全国から厳選した旬の食材を使ったイタリアンは、本場らしさを大切にしつつも京都らしい上品さも兼ね備え、味の評判も上々。友達に「いいお店知っているね」と言われること間違いなしのおいしさです。




■京都鴨川倶楽部(キョウトカモガワクラブ)
住所:京都市中京区木屋町仏光寺上ル天王町151
電話:075-353-2258
営業時間:18~25時LO(日曜、祝日は~24時LO)
定休日:水曜


3.【豆腐・湯葉料理】木屋町の豆屋源蔵

豆腐や湯葉など、京都らしい和食をリーズナブルに味わいたい!そんな人におすすめなのがこちらです。大正時代に建てられ、作家の井上靖氏や画家の山下清氏などの文人が通ったという茶屋旅荘「近江初」が前身の料亭で、落ち着いた雰囲気が漂い、大人の女子会にぴったり。東山や鴨川が見渡せる、9月までの川床にも趣が感じられます。

夜のおすすめは、納涼床「鴨川」5800円(席料込)。湯豆腐や西京漬けの焼き魚、チリメン山椒のご飯など、京都ならではのメニューが勢揃い。平日限定で8名以上なら、同じ内容で90分の飲み放題が付く「夏の川床宴会プラン」5000円(席料込)がお得です。川床のランチだと木屋町御膳3250円など、さらに手軽に楽しめます(昼は5・9月のみ、席料500円が別途必要)。

■豆屋源蔵
住所:京都市中京区木屋町通御池上ル上樵木町490-1
電話:075-253-1155
営業時間:11時30分~14時30分(13時30分LO)、17~23時(21時LO) 
定休日:不定休


4.先斗町 百練

川床は値が張る…そんなイメージをいい意味で覆してくれるのがこちらのお店。裏寺町の人気居酒屋の2号店で、場所は先斗町歌舞練場の南側。川床でも席料はなく、お通し300円のみ。アラカルトでオーダーでき、和食を中心としたメニューがリーズナブルに味わえます。古い建物で和風の店内には掘りごたつもあり、ほっこり和めるのも魅力です。

メニューは湯豆腐980円や京漬物580円~、おばんざいなどが揃います。なかでもおすすめは本店でも提供する名物、赤チリトリ1380円。白菜などの野菜やホルモンががたっぷり入っていて、真っ赤な見た目ほど辛くなく、特製のキムチダレはだしが利いたコク深い味わい。代表的なメニューが揃うコース料理は2980円~もあります。


■先斗町 百練(ポントチョウ ヒャクレン)
住所:京都市中京区先斗町三条下ル橋下町133-1 エメラルド会館1階奥
電話:075-255-4755
営業時間:17~23時(5・9月は11時30分~)
定休日:無休


5.ア・プ・プレ

築100年以上の京都町家を改装した、こちらのフランス料理店もおすすめ。住宅街に立ち、ブドウの木が絡まる外観もいい感じです。大きな梁を生かした店内には、テーブルがゆったり配置され、落ち着いた雰囲気で味わうことができます。“à peu près(ア・プ・プレ)”とは「だいたい」という意味。ルールやマナーにこだわらず、フランス料理を気軽に楽しんで欲しい、との店主の思いが込められています。

女性シェフがすべて手作りするこちらの料理は、見た目が華やかで、味はダイナミック。一品一品がハッとするおいしさです。ランチならアミューズ・ブーシュ(おもてなし)、前菜、スープ、デザートで2900円のコースがおすすめ。夜のコースも3500円、4500円、5000円…と幅広く、おなかの空き具合やお財布と相談しながら選べるありがたいお店です。


■フランス料理店 ア・プ・プレ(フランスリョウリ ア・プ・プレ) 
住所:京都市下京区銭屋町249
電話:075-361-3231
営業時間:11時30分~13時LO、17時30分~20時LO ※金・土曜のみ7~10時LO
定休日:日・月曜


6.ORTO

友達同士でいつもとはちょっと違う、刺激的な食体験が楽しめるのがこちら。自家菜園で育てたハーブや地元で採れる野菜をふんだんに使ったコースが評判の創作料理店です。路地裏に佇む様もスタイリッシュでワクワク、店内もシンプルで洗練された造りです。少人数の場合は1階のカウンター、グループの場合は2階のテーブル席がおすすめです。

メニューは季節ごとに変わるコースのみ。一皿一皿が食べるのがもったいない芸術品のように盛り付けらえています。イタリア・フランス・日本の料理をベースに、国の枠を超えて世界各国のエッセンスを取り入れているため、初めて出合う味も多く、驚きの連続です。ランチならパスタや魚・肉料理など8品がついたコースが4860円~、ディナーは9810円~。野菜尽くしの菜園コース5400円(ランチのみ)もこの店ならではのコースです。

※2019年11月1日より、ランチコースは5750円~、菜園コース(昼のみ)5750円、ディナーコースは1万350円~に変更します。


■ORTO(オルト)
住所:京都市中京区衣棚通り三条下ル三条町337-2
電話:075-212-1166
営業時間:12~13時LO、18~20時LO
定休日:月曜、ほか不定休あり


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

  • 北出恭子 北出恭子
  • セレイナアン セレイナアン
  • 東原妙子 東原妙子
  • mini_minor mini_minor
  • 6151 6151
すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ