御燈祭り おとうまつり イベント

和歌山県 火と灯の祭り

熊野三山の神々が初めて降臨されたゴトビキ岩を御神体とし、538段の急峻な石段を登った山中に鎮座する神倉神社にて、毎年2月6日夜、白装束の上り子達が松明を持って石段を駆け下りる勇壮な御燈祭りは、1400年以上の伝統をもつ日本最古の火祭りとして有名で、国指定重要無形民俗文化財にも指定されている。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2021年2月6日(土)※神事のみ、一般参加・撮影者などは不可
開催地 神倉神社
昨年の来場者数 約9000人
住所 和歌山県新宮市神倉1-13-8
TEL 0735-22-2840(新宮市観光協会)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR新宮駅→徒歩15分
駐車場 なし
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財[熊野御燈祭]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

御燈祭り

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください