開扉祭 おみとまつり イベント

愛知県 火と灯の祭り

「天王祭」に次ぐ重要な祭典で、毎年旧暦2月1日20時に行われる。葭で作られた1対の大松明(直径約1m、長さ約10m)を19時30分に社務所前から東大鳥居に移し点火し、消防隊員50名で担ぎ東境内を練り、楼門に一斉に突入して拝殿前に整列する。その間を神職が拝殿に進み祭典を行う。祭典中に松明を下し縄を解き、松明を燃やす。松明の燃え残りは昔から「雷除」「歯痛止」「田の虫除」にご利益があると信仰され、参拝者は争って持ち帰る。平成27年(2015)津島市重要無形民俗文化財に指定された。 画像提供:津島神社

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年2月24日(月・祝)
開催地 津島神社境内
昨年の来場者数 3000人
住所 愛知県津島市神明町1
TEL 0567-26-3216(津島神社)
料金 無料
アクセス 公共交通:名鉄津島駅→徒歩15分
車:東名阪道弥富ICから国道155号経由7km15分
駐車場 あり/200台/無料。臨時駐車場あり
文化財情報(イベント) 津島市重要無形民俗文化財指定[津島神社開扉祭の大松明行事]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

開扉祭

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください