つくばみらいの綱火(小張松下流) つくばみらいのつなび おばりまつしたりゅう イベント

茨城県 火と灯の祭り

中世から近世にかけて小張城主であった松下石見守重綱[まつしたいわみのかみしげつな]が考案したものといわれ、戦勝祝いや犠牲者の供養のために陣中で行ったと伝えられており、重綱は鉄砲を扱う火薬師であったとも言われる。家臣として仕えた大橋吉左衛門が助手をしていた関係から、火薬の調合などを伝授され松下流と名付け、受け継がれている。小張愛宕神社の祭礼は、毎年8月23日の夕方に繰り込みし、翌24日に綱火を奉納する。現在は火難除け・五穀豊穰を祈願して奉納し、小張松下流綱火保存会が保存・伝承している。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2019年8月24日(土)【2020年は開催中止】
開催地 小張愛宕神社
昨年の来場者数 2500人
住所 茨城県つくばみらい市小張3235
TEL 0297-58-2111(つくばみらい市生涯学習課文化振興担当)
料金 無料
アクセス 公共交通:つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)みらい平駅→徒歩20分
車:常磐道谷田部ICから4km10分
駐車場 あり
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財[綱火]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

つくばみらいの綱火(小張松下流)

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください