泣き相撲 なきずもう イベント

栃木県 節句・年中行事

子どもの健やかな成長を祈願して開催される伝統行事。生子神社の土俵に、役員氏子がまわし姿の力士に扮して幼児を抱きかかえ、掛け声とともに頭上高く振り上げて取り組ませる。以前は先に泣いた方が勝ちとされていたが、現在では勝敗はない。泣く子は育つという風習からきており、幼児の無病息災を祈願するもの。 画像提供:鹿沼市観光物産協会

基本情報

開催期間 2019年9月22日(日)※雨天決行、9~16時(受付は8時~)
開催地 生子(いきこ)神社
昨年の来場者数 赤ちゃん約1300人(全体の参加者数は不明)
住所 栃木県鹿沼市樅山町1167
TEL 0289-60-6070(鹿沼市観光物産協会(屋台のまち中央公園内))
料金 4000円(当日参加可)
アクセス 公共交通:東武樅山駅→徒歩12分
車:東北道鹿沼ICから国道293号経由7km15分
駐車場 あり/200台/無料
文化財情報(イベント) 国選択無形民俗文化財・鹿沼市指定無形民俗文化財[生子神社の泣き相撲]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

泣き相撲

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ