足温泉 たるおんせん 温泉地

岡山県

米子自動車道湯原インターから、国道313号線を旭川に沿って4kmほど下った地に湧く温泉。元亀年間(1570~72)に高田城主の佐伯辰重が、戦さで傷ついた武士たちの刀傷を癒すために、樽詰めにした温泉を送ったことから、樽(足)温泉と名付けられたという。2軒の小ぢんまりとした宿があるが、各宿とも内湯はなく、共同浴場の「足温泉館」を利用する。近代的な共同浴場で、ジャグジーや露天風呂、貸切利用できる5つの家族風呂がある。温泉の販売も行っている。

基本情報

住所 岡山県真庭市都喜足
TEL 0867-62-2526(湯原観光情報センター)
アクセス 公共交通:JR中国勝山駅から真庭市コミュニティバス湯原温泉、または蒜山高原行きで20分、バス停:足温泉下車
車:米子道湯原ICから国道313号経由4km
温泉固有情報 泉温:34℃
源泉:1
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、慢性皮ふ病、切り傷、やけど、痔疾など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:1
湯量:150リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

足温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください