天童温泉 てんどうおんせん 温泉地

山形県

天童温泉の歴史は比較的新しく、明治19年(1886)に灌漑用水の井戸を掘ったところ温泉が湧き出したのがはじまり。現在では目抜き通り沿いを中心に大型旅館やホテルが12軒も軒を連ね、設備の充実した宿が多い。周辺には広重美術館など見どころも多く、山形観光の中継地として賑わっている。また、江戸時代に武士の内職から始まったという将棋の駒の生産地でもあり、町なかには将棋駒の販売や駒書き体験ができる店、将棋駒にちなむモニュメントなどが見られる。鍬ノ町ポケットパークには、3カ所の足湯や飲泉所がある。

基本情報

住所 山形県天童市鎌田
TEL 023-653-6146(天童温泉協同組合)
アクセス 公共交通:JR天童駅から車で5分、または徒歩15分
車:山形道山形北ICから国道13号経由8km
温泉固有情報 泉温:61~69℃
源泉:3
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、胃腸病、打ち身、動脈硬化症、切り傷、やけど、高血圧症、慢性皮ふ病、痔疾など
宿泊施設数:12
日帰り温泉施設数:2
湯量:800リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

天童温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください