磐梯熱海温泉 ばんだいあたみおんせん 温泉地

福島県

低い山あいを流れる清流・五百川沿いの温泉地。「郡山の奥座敷」ともよばれ、落ち着いた雰囲気を漂わせている評判の高い高級和風旅館も多い。歴史は古く、鎌倉時代の領主・伊東氏が、温泉が湧くこの場所を出身地の伊豆にちなんで熱海と名付けたのが始まりという。また、南北朝時代に病んだ京の姫君が「京より東北へ500本目の川を渡ったところに霊泉あり」との夢告を受けて発見したとも伝わる。温泉は無色透明で美人の湯として知られる。施設の整った高級旅館・ホテルから、エコノミーな宿まで21軒の宿泊施設がある。

基本情報

住所 福島県郡山市熱海町熱海
TEL 024-984-2625(磐梯熱海温泉観光協会)
アクセス 公共交通:JR磐梯熱海駅下車
車:磐越道磐梯熱海ICから県道24号経由2km
温泉固有情報 泉温:53℃など
源泉:3
泉質:単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、切り傷、打ち身、慢性消化器病、痔疾、美肌など
宿泊施設数:21
日帰り温泉施設数:3
湯量:約850リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

磐梯熱海温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください