喜連川温泉 きつれがわおんせん 温泉地

栃木県

喜連川は足利氏の城下町として、奥州白河関に抜ける奥羽街道筋の宿場として栄えたところ。町中を流れる荒川や内川は鮎釣りの名所として知られている。昭和56年(1981)、のどかな田園風景が広がる町にボーリングによって温泉が湧出した。市営管理の湯量豊富な4本の源泉は、クアハウスもある「道の駅きつれがわ」、「第二温泉浴場」の広い露天風呂、「もとゆ温泉」などの日帰り入浴施設に引かれている。民営の「早乙女温泉」「ハートピアさくらの郷」もある。宿泊施設は、「かんぽの宿栃木喜連川温泉」、「喜連川温泉 ホテルニューさくら」の2軒。宿泊施設も含め7カ所の中で3施設に入浴できる温泉手形も発売されている。

基本情報

住所 栃木県さくら市喜連川
TEL 028-686-3284(もとゆ温泉)
アクセス 公共交通:JR氏家駅から東野交通バス馬頭行きで20分、バス停:旧喜連川高校前などで下車
車:東北道矢板ICから国道4号、県道74号経由11km
温泉固有情報 泉温:47℃、74℃など
源泉:5
泉質:ナトリウム-塩化物泉、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:5
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

喜連川温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ