那須湯本温泉 なすゆもとおんせん 温泉地

栃木県

那須のシンボル茶臼岳の南麓に湧く、開湯1380年以上にもおよぶ那須温泉郷で最古の歴史を持つ温泉。九尾の狐伝説に彩られた殺生石へと向かう那須街道沿いに温泉街が形成されている。共同浴場の元湯の「鹿の湯」は、殺生石から流れ出る湯川をまたいで木造の浴舎が建てられている。湯温の少しずつ異なる浴槽が区切られているので、好みの湯温の浴槽につかりたい。白濁した硫黄分をたっぷり含む温泉は、美肌の湯としても女性に人気が高い。この鹿の湯の源泉を引くホテルや旅館が那須街道沿い周辺に点在している。

基本情報

住所 栃木県那須郡那須町湯本
TEL 0287-76-2619(那須町観光協会)
アクセス 公共交通:JR黒磯駅から東野交通バス那須湯本行きで35分、バス停:終点下車
車:東北道那須ICから那須街道経由12km
温泉固有情報 泉温:63~80℃など
源泉:不明
泉質:含硫黄-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性皮ふ病、切り傷、慢性消化器病、眼病、痔疾、慢性婦人病、美肌など
宿泊施設数:約15
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

那須湯本温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください