平湯温泉 ひらゆおんせん 温泉地

岐阜県

乗鞍岳の北麓、奥飛騨温泉郷の玄関口として古くから栄える湯の町。武田信玄が侵攻した際、白い老猿が温泉で悪い足を治している姿を見て、負傷している兵士たちの傷も治したという伝説が残る。また江戸時代には北陸の大名が参勤交代の道中で疲れを癒すなど、湯治場として利用されていた。現在は乗鞍や上高地、新穂高、高山を結ぶ交通の要所として多くの観光客で賑わう。33カ所もの源泉があり、毎分7575lの豊富な湯が湧き出している。宿泊施設も20軒もあり、収容規模も大きな温泉地だ。近くに温泉を引いた足湯もある、平湯大滝などのみどころも豊富だ。

基本情報

住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
TEL 0578-89-3030(平湯温泉観光案内所)
アクセス 公共交通:JR高山駅から濃飛バス新穂高ロープウェイ行きで1時間、バス停:平湯バスターミナル下車
車:中部縦貫道高山ICから国道158号経由45km
温泉固有情報 泉温:30~98℃
源泉:33
泉質:単純温泉、ナトリウム-炭酸水素塩泉、硫黄泉、塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、じんましん、糖尿病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:20
日帰り温泉施設数:3
湯量:7575リットル/分
飲用:宿により異なる

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

平湯温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください