温泉津温泉 ゆのつおんせん 温泉地

島根県

温泉の泉源は2孔。1つは1300年以上の歴史を誇る山陰屈指の古湯で、傷を負った狸が湯浴みして傷を治したとの伝説が残る「元湯」。もう一つは明治初期の浜田地震で突然噴出した「薬師湯」。その昔、石見銀山の銀の積出し港として栄え、往時の賑わいを今に残す世界遺産にも登録されている温泉街に、効能が微妙に異なる2つの公衆浴場が向かい合う。薬効高い湯治温泉として全国から湯治客が訪れる人気の温泉だ。石州瓦の屋根が連なる重要伝統的建造物群保存区域や温泉津焼の登り窯など、見どころも多い。温泉街は小規模な宿が軒を連ね、「のがわや旅館」など日本海の新鮮な海の幸も温泉とあわせて堪能できるのがうれしい。

基本情報

住所 島根県大田市温泉津町温泉津
TEL 0855-65-2065(大田市観光協会温泉津支部)
アクセス 公共交通:JR温泉津駅から大田市営バス温泉津温泉行きで5分、バス停:終点下車
車:江津道路江津ICから国道9号経由20km
温泉固有情報 泉温:45.8~49.9℃
源泉:2
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、高血圧、切り傷、糖尿病、呼吸器疾患、慢性皮ふ病、慢性婦人病、痔疾など
宿泊施設数:15
日帰り温泉施設数:3
湯量:不明
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

温泉津温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください