有村温泉 ありむらおんせん 温泉地

鹿児島県

桜島南岳麓一帯に、江戸時代の安永噴火によって形成された火山性温泉地帯が広がるが、1914年の大正溶岩流出により埋没。その溶岩を免れた温泉地が、「さくらじまホテル」がある古里温泉郷だ。隣接する一部存命した有村町から引き湯しており、唯一有村温泉を名乗っている。浴槽内で翡翠色に変化する41℃の温泉は、海水が桜島溶岩の貯留層で、数十年をかけて多種のミネラルイオンを含むイオン温水となり、皮ふの浄化や全身の血液循環を優しく促す。眺めのよい露天風呂で、錦江湾の景色や波音とともにくつろぎたい。夕刻の日帰り入浴のみ可能(営業時間等要確認)。客室からの錦江湾の眺めや、鹿児島の食材を多用した和食も楽しみ。

基本情報

住所 鹿児島県鹿児島市古里町
TEL 099-221-2311(さくらじまホテル)
アクセス 公共交通:桜島港からおおすみ交通ネットワークバス垂水行きで15分、バス停:文学碑前下車
車:東九州道国分ICから国道220号・224号経由33km
温泉固有情報 泉温:41℃
源泉:1
泉質:ナトリウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、切り傷、やけど、痔疾、慢性婦人病、美肌など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:130リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

有村温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください