太宰治 疎開の家(旧津島家新座敷) だざいおさむ そかいのいえ(きゅうつしまけしんざしき) 旧津島家新座敷 きゅうつしまけしんざしき スポット

青森県 その他建物
ちょっと立ち寄り ベビーおすすめ キッズおすすめ 雨でもOK 歴史好きおすすめ

昭和20年(1945)7月より1年4カ月間、戦火を逃れ暮らした大正11年(1922)築の木造家屋。当時は斜陽館の離れだった。作家になってからの太宰の居宅としては唯一現存。『故郷』『トカトントン』など、23作品がここで生まれた。

基本情報

住所 青森県五所川原市金木町朝日山317-9
TEL 0173-52-3063(白川)
営業時間 9~17時(夏期8時30分~)
定休日 不定休(11~4月は第1・3月曜定休)
料金 500円、小・中学生250円
アクセス 公共交通:津軽鉄道金木駅→徒歩5分
車:東北道浪岡ICから28km40分
駐車場 あり/4台/無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

太宰治 疎開の家(旧津島家新座敷)

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ