上の橋擬宝珠 かみのはしぎぼし スポット

岩手県 歴史的建造物
ちょっと立ち寄り ベビーおすすめ キッズおすすめ 女子おすすめ ペットおすすめ 歴史好きおすすめ

中津川に架かる上の橋の欄干には、18個の擬宝珠が付けられている。擬宝珠とは手すりや橋の欄干に付ける飾りのこと。青銅製で慶長14年(1609)の銘が刻まれるものが8個、慶長16年(1611)の銘が刻まれるものが10個ある。これほど多く残っているのは全国的にも珍しい。国認定重要美術品でもある。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 岩手県盛岡市上ノ橋町
TEL 019-604-3305(観光文化情報プラザ)
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR盛岡駅→岩手県交通バス都心循環バスで15分、バス停:上の橋下車、徒歩すぐ
車:東北道盛岡南ICから国道4号経由25分
駐車場 なし
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

上の橋擬宝珠

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください