与謝野晶子の碑 よさのあきこのひ スポット

福島県 記念碑・像
ちょっと立ち寄り 女子おすすめ

明治時代を代表する歌人・与謝野晶子は明治44年(1911)に、与謝野鉄寛、佐藤春夫、水上滝太郎らとともに東山温泉を訪れ、歌作などを楽しんだ。竹久夢二の碑の対岸、新瀧橋を渡った「くつろぎ宿 新滝」の敷地内には、「湯の川の第一橋をわがこゆる 秋の夕べのひがしやまかな」の歌碑が建つ。同旅館のロビーには、竹久夢二の絵などとともに掛け軸が展示されている。ロビー内の展示品は宿泊客以外でも見学することができるが、ひと言声を掛けたい。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 福島県会津若松市東山町湯本
TEL 0242-39-1251(会津若松市観光課)
アクセス 公共交通:JR会津若松駅→まちなか周遊バスあかべぇで17分、バス停:東山温泉駅下車、徒歩3分
車:磐越道会津若松ICから国道121号経由8km20分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

与謝野晶子の碑

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください