毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

大谷寺(大谷観音) おおやじ(おおやかんのん) 大谷観音 おおやかんのん 観光スポット

栃木県 社寺・教会
ちょっと立ち寄り 女子おすすめ 歴史好きおすすめ

大谷寺本尊千手観音(高さ4m)は、弘仁元年(810)弘法大師の作と伝えられている。古くから「大谷観音」と称され、鎌倉時代に坂東19番の霊場となる。最初は、岩の面に直接彫刻し、表面に赤い朱を塗り、粘土で細かな化粧を施し、更に漆を塗り、一番表には金箔が押され金色に輝いていた。最新の研究では、バーミヤン石仏との共通点が見られることから、実際はアフガニスタンの僧侶が彫刻した、日本のシルクロードと考えられている。国の特別史跡・重要文化財に指定されている。

基本情報

住所 栃木県宇都宮市大谷町1198
TEL 028-652-0128
営業時間 営業時間:8時30分~17時(10~3月は9時~16時30分)、受付は終了20分前まで
定休日 定休日:1~3月の第2・4木曜、12月19~31日
料金 料金:拝観400円
アクセス アクセス(公共交通):JR宇都宮駅→関東バス大谷方面行きで30分、バス停:大谷観音前下車、徒歩1分
アクセス(車):東北道宇都宮ICから国道293号経由8km10分
駐車場 あり ( 50台  バス3台(参拝者専用) )
開業 開業:810年
文化財情報(観光) 文化財(観光):重要文化財(建造物)

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

大谷寺(大谷観音)

Sponsored

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ