伊勢山皇大神宮 いせやまこうたいじんぐう

明治3年(1870)に、政府と県が中心となり、新興都市である横浜の総鎮守として創建された。かつては県の宗社(公的な祭祀を執り行う神社)として定められて、皇室御用邸である伊勢山離宮が設けられ、また県庁舎・通称キングの塔最上階に御分霊が祀られていた。現在でも、市民の心の拠り所として、また初宮詣・七五三・結婚式など人生儀礼の晴れ舞台として、賑わいの絶える事はない。なお、2020年の創建150年を記念し、伊勢神宮より社殿が当宮の本殿として移築された。

初詣情報(ご利益・混雑時間等について)

初詣情報 12月31日~1月1日20時まで参拝可能。新年祈願は、1月1日0~17時まで奉仕。1月1~3日は毎年多くの参拝者で賑わい、露店も立ち並ぶ。かつて御分霊が祀られていた県庁舎・キングの塔が、恋愛成就スポットとして人気になった事から、縁結びの御利益を求めて訪れる若者も多く見られる。
所在地 神奈川県横浜市西区宮崎町64
ご利益 横濱総鎮守(都市と港、そして市民の守り神)、厄除け、家内安全、営業繁昌、縁結び、安産、病気平癒、交通安全など、厄除け、縁結び、安産子育て、交通安全、商売繁盛、その他
祭神 天照大御神[あまてらすおおみかみ]
初詣行事 ●歳旦祭/2021年1月1日8時~/境内から観覧●元始祭/2021年1月3日8時~/境内から観覧
混雑時間 1月1~3日は終日混雑。また仕事始めにあたる日も混雑が予想される
問合先 045-241-1122
料金 境内自由
交通 交通情報:桜木町駅→徒歩10分。または京急日ノ出町駅→徒歩10分。または横浜市営地下鉄桜木町駅→徒歩10分

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

伊勢山皇大神宮

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください