本栖湖 もとすこ

富士五湖の西のはずれにあり、周囲12km、面積4.7平方km、最大水深122m。北岸は富士の好展望地で、ここからの景色は1000円札のデザインに採用されている。五湖のなかでは観光開発がそれほど進んでおらず、特に西岸は手付かずの自然が守られている。最近は北西岸あたりでボードセイリングやカヌーなどを楽しむ若者の姿が多い。秋には湖畔の木々が色づき、紅葉が楽しめる。また、毎年3月25日~4月25日、10月25日~11月25日にヒメマス釣りが解禁となり多くの釣客が訪れる、日本でヒメマスの釣れる一番西の釣メッカでもある。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 10月下旬~11月中旬
主な樹種 モミジ、シデ、ナラ、ブナ、ドウダンツツジ、サクラ、イタヤカエデ、ツタ
標高 約900m
おすすめ鑑賞法 遊覧船、手こぎ・足こぎボート、サイクリング
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18観光案内所・歴史館
問合先 0555-87-2518/本栖湖観光協会/8~17時(11月は8時30分~16時30分、12~3月は休業)
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
交通 交通情報:河口湖駅→富士急山梨バス精進湖経由本栖湖・下部温泉郷行きで50分、バス停:本栖湖下車、徒歩すぐで南東岸へ/車:中央道河口湖ICから国道139号経由20km30分
駐車場 あり/100台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

本栖湖

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください