両界山横蔵寺 りょうかいさんよこくらじ

延暦22年(803)に伝教大師最澄[さいちょう]が創建したと伝えられている寺。本尊には薬師如来像(重要文化財)や大日如来像(重要文化財)などが祭られている。舎利堂には、即身成仏した妙心法師のミイラが安置されている。紅葉は11月上旬~下旬が見頃となり、特に赤い医王橋とお寺の白壁ともみじのコントラストが美しい。交通は揖斐川町はなももバスがおすすめ。予約制、平日のみ運行(予約TEL:0585-22-1131)。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月上旬~下旬
主な樹種 モミジ、カエデ
標高 200m
おすすめ鑑賞法 ライトアップ期間中の紅葉を、門前にかかる橋から眺める
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原1160
問合先 0585-55-2020/揖斐川町観光プラザ
料金 無料(宝物殿・舎利堂は入場大人500円、小・中学生200円、幼児100円)
時間 境内自由(宝物殿・舎利堂は10~16時)
休み 無休(宝物殿は12~3月と雨天時は休館)
交通 交通情報:揖斐駅→車20分。または揖斐川町ふれあいバス(横蔵)、または揖斐川町はなももバス(横蔵寺)で40分、バス停:横蔵下車、徒歩すぐ(紅葉期間中はバス停:上神原下車、徒歩10分)
駐車場 あり/300台/11月の紅葉期間は300円
ライトアップ 期間:2020年11月1~30日/時間:日没~21時

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

両界山横蔵寺

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください