宮妻峡・水沢もみじ谷 みやづまきょう すいざわもみじだに

鈴鹿山脈南部、標高1161mの鎌ケ岳と標高906mの入道ケ岳の間に流れ出る内部川の上流にある渓谷が宮妻峡。ハイキングや渓流釣り、川遊びなどで人気がある渓谷で、宮妻峡入口付近には、市営の宮妻峡ヒュッテとキャンプ場がある。水沢もみじ谷はその手前の谷。江戸時代初めの元禄年間(1688年頃)から、代々の菰野藩主土方候が領内の見回りを兼ねて紅葉刈りに訪れ、景勝地の自然保護に努めたといわれる歴史ある名所。文化6年(1809)に、「もみじ谷」と名付けられたという。谷を包むようにモミジやブナが群生し、11月下旬~12月中旬には山の斜面一帯を真紅に染める。ちなみに『百人一首』にある「奥山に もみぢふみわけ 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋はかなしき」の歌は、猿丸大夫がこの地で詠んだといわれる。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月下旬~12月中旬
主な樹種 モミジ、ブナ
おすすめ鑑賞法 もみじ谷の谷底から見上げるように紅葉を見ると美しい。宮妻峡までハイキングするのも気持ちが良い。
所在地 三重県四日市市水沢町山の坊
問合先 059-357-0381/四日市観光協会
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
交通 交通情報:四日市駅→三重交通バスで50分、バス停:宮妻口下車、徒歩すぐ/車:東名阪道四日市ICから国道477・306号経由15km25分
駐車場 あり/30台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

宮妻峡・水沢もみじ谷

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください