桑名城跡・九華公園 くわなじょうせき きゅうかこうえん スポット

三重県 公園/遺跡・史跡・城址
ちょっと立ち寄り 春におすすめ

慶長6年(1601)、徳川四天王の一人で、初代桑名藩主となった本多忠勝が、城下町割とともに城郭の拡張整備を行った。桑名城はかつて「扇城」「海道の名城」と称されたが、戊辰戦争の折に幕府方についたため、明治維新後に壊され現存しない。城跡は、昭和3年(1928)に九華公園として整備され、桜やツツジ、菖蒲などが美しく、市民の憩いの場として親しまれている。また園内には松平定綱(鎮国公)と松平定信(楽翁公)を祀る鎮国守国神社があり、付近には復元された蟠龍櫓(航海の守護神である龍の瓦を頂く二層の櫓。歌川広重『東海道五十三次 桑名』にも描かれた)がある。ペットは放し飼いにせず、マナーを守って利用。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 三重県桑名市吉之丸5-1
TEL 0594-21-9932 (桑名城跡・九華公園)
料金 入園自由
アクセス 公共交通:JR桑名駅・近鉄桑名駅・養老鉄道桑名駅→徒歩18分。または三重交通バス5分、バス停:本町下車、徒歩3分。または三岐鉄道西桑名駅→徒歩18分
車:東名阪道桑名ICから7km15分
駐車場 あり/65台/有料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

桑名城跡・九華公園

桑名市のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください